話題

ヤクルト1000は何歳から飲めるの?赤ちゃん子どもが飲む時の注意点

よく眠れる、便秘が解消すると話題になっているヤクルト1000。

 

「ヤクルト1000 子供」と調べると「下痢」というワードが出てくるので、

  • 何歳から飲めるのか
  • 子どもが飲んでも大丈夫なのか

心配になります。

 

効果がスゴイという噂もあり、赤ちゃんや子どもに飲ませてもいいのか悩んでいる方も多いようです。

 

ヤクルトの公式サイトでは、

ヤクルトの乳製品は、子ども(赤ちゃん、幼児等)もお飲みいただけます。

という記載があります。

 

ここでは

  • ヤクルト1000は何歳から飲めるのか
  • ヤクルト1000を子どもが飲む時の注意点
  • ヤクルト1000を赤ちゃんや子どもに飲ませている人の口コミ

をご紹介します。

 

 

Yakult ヤクルト1000 100ml x 7本パック 乳酸菌シロタ株1000億個

 

 

ヤクルト1000は何歳から飲める?

ヤクルト1000は何歳から飲ませてもOKなの?

ヤクルト1000が何歳から飲めるのか、公式サイトのQ&Aには以下のような記載がありました。

ヤクルトの乳製品は、子ども(赤ちゃん、幼児等)もお飲みいただけます。また、妊婦や授乳期の女性がお飲みになっても基本的には問題ありません。

しかし、妊娠中は、身体の状態が通常とは異なるため、何か気になることがあれば、念のためお医者さまへのご相談をお願いします。

なお、「ヤクルト400W」、「Yakult(ヤクルト)1000」、「Y1000」、「BF-1」は、機能性表示食品であり、「本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。」とパッケージ等にも記載してあるとおり、未成年者や妊産婦、病気の方を対象としていない商品です。

食品としてお飲みいただくことに安全上の問題はありません。

 

つまり、

  • 子ども(赤ちゃん、幼児)も飲める
  • 機能性表示食品としての効果は期待できない
  • 食品として飲むことは問題ない

 

ヤクルト1000の機能性表示食品として明示している効果や機能は得られないかもしれないけれど、食品(飲料)としては赤ちゃんや幼児も飲んでも安全上は問題ない、ということですね!

 

ただ、パッケージには未成年者を対象としていない商品であることも記載されているので、飲ませない方が安心であるといえるでしょう。

 

ヤクルトは離乳食開始時期から飲める

赤ちゃんや幼児も飲めるとのことですが、何歳からなのか、その点に関しても公式サイトのQ&Aに記載がありました。

赤ちゃんは、ミルク以外のもの(離乳食等)を口にする頃からお与えいただけます。ぬるま湯(人肌程度)で2倍くらいに薄め、赤ちゃんの便や健康状態をみながら、ごく少量から与えはじめてください。

 

離乳食を口にする頃から、ということですが、

離乳食の開始時期について

2019年3月に改訂された「授乳・離乳の支援ガイド」(厚生労働省)の「Ⅱ-2 2.離乳の支援の方法」では、離乳食の開始の時期は「生後5~6か月ごろが適当」

と記載があるので、早くても生後5~6カ月頃からとなります。

 

ただ、あまり小さいうちに飲ませるのは心配…

という声もあるようなので、ヤクルト1000を赤ちゃんや幼児が飲む時の注意点についても調べました。

 

 

ヤクルト1000を赤ちゃんや子供が飲む時の注意点

ヤクルト1000を赤ちゃんや幼児に飲ませる場合の注意点としては、

  • ぬるま湯(人肌程度)で2倍くらいに薄める
  • 赤ちゃんの便や健康状態をみながらごく少量から始める
  • 母乳やミルクの摂取量に影響を及ぼさない量に調整する
  • 哺乳瓶の使用は避けスプーン等を使用する
  • 乳アレルギーがないことを確認する

以上の5点が公式サイトより確認できました。

 

わが家の場合、虫歯が心配で2歳を過ぎるまでは子ども用の100%の野菜ジュースも飲ませていなかったのですが、虫歯については公式サイトで記載がありました。

「ヤクルト」に含まれる乳酸菌 シロタ株は、むし歯の直接の原因になりませんので、ご安心ください。

 

虫歯の直接の原因にはならないのですね!

 

ただ、歯医者さんで聞いたところ、虫歯になりやすいのはガムやグミといった口の中に長い時間含んでいるもの、と教えていただきました。

 

なので、ヤクルトはもちろん他の食べ物や飲み物も、長い時間だらだら食べたり飲んだりしない、という点に気をつけると良さそうですね。

 

 

ヤクルト1000を赤ちゃんや子供に飲ませている人の口コミ

  • 赤ちゃんや幼児が飲んでも問題ない
  • 飲ませる時の注意点

 

ここまで読んでもやはり心配…という慎重な方も多いと思います。

実際私もそうでした^^;

 

そこで、ヤクルト1000を実際に子供に飲ませている人の口コミを調べてみました!

 

赤ちゃんや子供に飲ませているという口コミ

 

この口コミはおそらく子供と言っても赤ちゃんや幼児ではないかもですが、実際子供に飲ませているという方も多いようでした。

 

子供にはヤクルト400のワケ

さらに多かった口コミは、ヤクルト1000はちょっとお値段が高価なので、

大人はヤクルト1000を飲んで子供にはヤクルト400を飲ませている

というものでした。

 

たしかに1本140円はなかなか家族で毎日続けるには…というお値段かもしれませんね。。

 

 

ヤクルト1000とヤクルト400の違いについてもまとめているので、合わせて参考にしてくださいね☆

→ヤクルト1000と400の違いを徹底比較!最大の違いは乳酸菌量!

 

 

ヤクルト1000は何歳から飲めるのかまとめ

ヤクルト1000は何歳から飲めるのかについて調べてきました。

 

結果、ヤクルト自体は離乳食を口にする頃、つまり早くても生後5~6カ月頃からという見解であることが公式サイトから分かりました。

 

ただ、ヤクルト1000に関しては、基本的には子ども(赤ちゃん、幼児等)が飲んでも安全上問題はないですが、未成年者を対象とした食品ではないということです。

 

また、赤ちゃんや幼児が飲む時は、

  • ぬるま湯(人肌程度)で2倍くらいに薄める
  • 赤ちゃんの便や健康状態をみながらごく少量から始める
  • 母乳やミルクの摂取量に影響を及ぼさない量に調整する
  • 哺乳瓶の使用は避けスプーン等を使用する
  • 乳アレルギーがないことを確認する

 

以上の5点に注意するべきであることも公式サイトに記載があったので、小さなお子さんが飲む際には気をつけたいですね。