未分類

山中歩のいちご農園は?経歴や学歴(大学・高校)、夫や子供もチェック!

山中歩さんは、20203月31日(火) 放送のに出演するイチゴ農園を経営されている女性です。

 

現在ご主人と共にイチゴ農園を経営する山中歩さんですが、実は農薬メーカーの研究員だったとか!

連日直売所に行列ができるといわれる山中歩さんのイチゴがどんなのか気になりますよね。

 

ここでは、

  • 山中歩さんのいちご農園
  • 山中歩さんの経歴や学歴(大学・高校)
  • 山中歩さんの夫や子供

についてまとめました。

 

山中歩さんのいちご農園は?

山中歩 いちご出典:TARO公式サイト

 

山中歩さんが経営しているいちご農園は、『いちご農園TARO』です。

 

いちご農園TARO

直売所:〒740-1424 山口県岩国市由宇町港2-19

営業時間:平日11:00~16:00、日・祝日:11:00~12:30(当日収穫したいちごがなくなり次第終了)

定休日:なし

収穫期間:12月中旬~5月末

 

連日直売所に行列ができるほどのおいしいいちごは、直売所以外ではどのように購入できるのでしょうか?

 

直売所以外でも遠方の方なら全国に地方発送もしてもらえるみたいです。

いちごが採れ次第になるので、日時の指定はできないみたいですね。

料金は、苺代(2,380円~)+送料(県内1,010円~)+冷蔵代(350円~)

となっています。

注文は現在電話でのお問い合わせには対応できないので、ネットでの申し込みになるようです。

 

4月・5月の発送分はまだ予約受付していました!

  • さちのか 300g×4パックセットで¥2,380
  • さちのか 300g×8パックセットで¥4,760

大粒または中粒の商品で、1度の注文で1個まで、とのこと。

すっごく食べてみたくなってさっそくポチっとしちゃいました(笑)

 

その他、いちごの在庫に余裕がある場合には

  • 市内のお店
  • ファムズキッチン岩国

にも出荷しています。

 

イベントへの出品・出店や岩国市のふるさと納税お礼品にも登録されているようです!

ふるさとチョイス』にありました。

 

10,000円以上の寄付で、さちのか 300g×4パックセットがお礼品としていただけます。

限定100個だったので、ふるさと納税をしている方は早めにチェックですね!

 

山中歩さんの経歴や学歴(大学・高校)

山中歩 経歴 大学 高校

そんなおいしいいちごを作る山中歩さんのこれまでの経歴や学歴(大学・高校)をご紹介します。

 

山中歩さんのプロフィール

生年月日:1981年

出身地:大阪府

大学:筑波大学大学院

高校:不明…

 

幼少期から、果物農家の祖父が作る梨が大好きだった山中歩さんは、農家の役に立ちたいという想いで筑波大学大学院で植物病理学を学びました。

 

卒業後、東京の世界的規模の農薬メーカーに就職。

研究グループの一員として活躍されていたんですね!

 

結婚を機に夫婦で相談し就農することに。

2年間は農業研修を受け、夫の出身地である岩国市由宇町でいちごの栽培を始めました。

 

そんな山口歩さんが育てるいちごは、生育環境にこだわっていて肥料や農薬の使用は最小限に抑えられています。

 

山口歩さんのこれまでの経歴が活かされているからこそできるいちごなのですね!

 

山中歩さんの夫や子供は?

山中歩 いちご 夫 子供出典:TARO公式サイト

 

山中歩さんの子供はどんな方なのでしょうか?

 

夫は山中健生さん。

『いちご農園TARO』の運営責任者です。

 

サーフィン好きで、オーストラリアにまで行かれるかれるほどだそう。

元々はIT企業に勤めていたそうですが、結婚を機に歩さんと相談していちご農家に!

 

子供さんは、男の子1人女の子2人3人いらっしゃいます。

 

直売所は定休日もなくいちご農家のお仕事と小さいお子さん3人の子育ては大変だと思いますが、夫婦で協力して頑張っていらっしゃるんですね!

 

まとめ

20203月31日(火) 放送の『セブンルール』に出演される山中歩さんは、夫の健生さんと共にいちご農家を経営されています。

 

元農薬メーカーのエリート研究員だった経験を活かし、肥料や農薬の使用は最小限に、生育環境にこだわったおいしいいちごを栽培されています。

 

いちごの直売所は山口県岩国市ですが、ネットでも購入できますしふるさと納税のお礼の品にも登録されているので、気になった方はチェックしてみて下さいね!

 

 

SNSボタン