話題

クリスマスケーキを食べる日の正解は24日?25日?その理由は?

クリスマスと言えばクリスマスケーキを食べるのが定番になっていますよね!

お子さんのいるご家庭ではホールケーキを用意するところも多いかと思います。

 

ところで、クリスマスケーキを食べる日がいつなのか、時期が近づくと気になりませんか?

 

クリスマスケーキを食べる日は、

12月24日の日没から12月25日の日没まで

の間と決まっているそうです。

 

その理由やクリスマスケーキについて調べてみたので順番にご紹介しますね♪

 

 

クリスマスケーキを食べる日は24日と25日のどっち?

冒頭でも書いたように、クリスマスケーキを食べる日は12月24日の日没から12月25日の日没までです。

 

その理由は

  • クリスマス(25日)はイエス・キリストの誕生日
         ↓
  • 誕生日を祝い始めた教会では当時ユダヤ歴を使っていた
         ↓
  • ユダヤでは1日は日没から始まる

 

つまりクリスマスである25日は、24日日没~25日日没直前ということになるんです。

 

なので、クリスマスにクリスマスケーキを食べるのであればこの間に食べるのが正解(?)と言えます。

 

 

では、世間の皆さんは一体いつクリスマスケーキを食べているのでしょう??

 

クリスマスケーキを食べる日ランキング

  1. 24日『クリスマスイブだから』
  2. 25日『お得に購入できる場合が多いから』
  3. 23日『祝日なので家族が揃う可能性が一番高いから』

 

とはいえ、令和になってからは23日は祝日ではないので、24日か25日にクリスマスケーキを食べる人が多くなっているかもしれませんね!

 

クリスマスケーキの日持ち期間

クリスマスケーキはホールで買うことも多いので、日持ち期間は気になるところです。

基本的にはケーキの消費期限は当日中と記載されているものがほとんどだと思います。

 

ただ、実際ホールで購入すると家族で食べきれず残ってしまうことも多いですよね。

わが家はあまり気にしないので、保存して翌日に食べることもありますが…

 

保存する際に注意した方が良い点があるので、次にまとめます。

 

クリスマスケーキが残った時の保存方法

残ったクリスマスケーキは、冷蔵庫で保管して翌日中には食べるようにした方が良いです。

その際の注意点は

ケーキの箱に入れたまま冷蔵庫に入れてはいけない

という点です。

 

理由はケーキの箱を冷蔵庫へ入れると、箱が水分を吸収してしまい中のケーキは乾燥してしまうからです。

 

なので、クリスマスケーキを保存する際は、箱から出してタッパー等の密閉容器に入れて冷蔵庫で保存するのがオススメです!

 

クリスマスにケーキを食べるのはなぜ?

クリスマスと言えばクリスマスケーキ。

ですが、実はもともとあった習慣ではなく、日本のお菓子メーカーの戦略でした。

 

発案したのは、不二家創業者の藤井右衛門さんという方で、大正11年に苺のショートケーキをクリスマスケーキとして発売したのが始まりだったんです!

 

海外でもクリスマスケーキは食べる?習慣は日本から

クリスマスケーキは日本で始まった習慣です。

 

例えば、、

  • アメリカ:食後のデザートにドライフルーツ入りパウンドケーキやプディング、クッキーなどを食べます。
  • ドイツ:シュトーレンを食べます。
  • イギリス:クリスマスプディング
  • フランス:ブッシュドノエル
  • ロシア:クチャ―
  • オーストラリア:パブロヴァ

 

このように、クリスマスケーキをクリスマスに食べる習慣は日本から始まったものなので、海外では食べないところも多いようです。

 

 

クリスマスケーキを食べる日まとめ

最後にクリスマスケーキについてまとめます!

 

  • クリスマスケーキを食べる日は、24日の日没以降~25日の日没直前
  • クリスマスケーキの日持ちは当日中
  • 残ったクリスマスケーキはタッパー等の密閉容器に入れて冷蔵庫保存
  • クリスマスにケーキを食べる習慣は、不二家創業者の藤井右衛門さんが発売したのが始まり
  • 海外ではクリスマスケーキは食べない!
  • 国ごとに異なるクリスマススイーツがある

 

そして、調べているうちに知って驚いたのは、クリスマスイブは24日をさしているのではということ。

イブはevening(イーブニング)のことなので、クリスマスイブというのは24日の日没後のことを指すということでした~!