生活

意外と知らない!?七夕の由来と飾りの意味、飾る時期

七夕 由来 飾りの意味

毎年7月7日の夜(一部の地域では8月7日)に

願いごとを書いた短冊や飾りを笹の葉に飾りお祈りをする習慣があり

全国各地で様々な七夕の行事も行われていますよね。

 

子どもの頃

たくさんの飾りや短冊を笹につるしてお願いごとをした方も多いのではないでしょうか。

 

では七夕はいつから、どのようにして始まったのかしっていますか?

 

子どもは何でも気になります。

  • 「これなあに?」
  • 「なんで?」
  • 「どうして?」

幼稚園や保育園に通っているお子さんは

園でも短冊を書いたり飾りつけをする場合が多いので色々疑問を持ち帰ってくるはず!

 

ここでは、そんな時に答えてあげられるように

  • 七夕のはじまりや名前の由来
  • 七夕飾りの意味

についてまとめました。

 

七夕のはじまりと由来

星に願いを

七夕は

別名「笹の節供」や「星祭り」といわれていて

江戸時代に五節供の一つに定められました。

 

七夕といえばどことなくロマンチックな感じがしますよね~。

 

その由来は小さなころから馴染みのある「織姫と彦星の物語」から始まるようです。

 

でもこの物語

わたしの記憶では「一年に一度、七夕の日の夜に織姫と彦星が会える」

ということくらいしか分かりませんがみなさんは知っていますか?

 

七夕伝説

織姫が機織

調べてみると、二人の星物語は大昔の中国での出来事でした。

 

天帝の娘・織姫と、牛飼いの彦星は出会い、二人は夫婦になりました。

二人は結婚してからは、お互いが好きすぎて仕事をするのを忘れてしまいました。

 

怒った天帝は、天の川を隔てて二人を離れ離れにしてしまい、年に一度しか会えなくされてしまったのです。

 

こんな理由があって離れ離れになり、一年に一度しか会えなくなったのですね~。

 

夏の夜空には天の川をはさんで織姫と彦星を見つけることができます。

 

  • 織姫:こと座の1等星ベガ
  • 彦星:わし座の1等星アルタイル
  • はくちょう座のデネブ

 

3つの明るい星で形づくられる三角形が有名な「夏の大三角形」です。

 

ちなみにはくちょう座は、二人の橋渡し役となるカササギだそうです。

 

織姫は機織りの名人であることから裁縫や芸事の上達

彦星はまじめな牛飼いなので農業と勤労を司り

 

二人が逢瀬を楽しむ日に願いごとをすることで喜びのおすそ分けとして願いが叶うとされています。

 

乞巧奠

 

織姫と彦星、二人の逢瀬を祝い、中国で「乞巧奠」(きっこうでん)という行事が始まったそうです。

 

  • 」:願う
  • 」:巧みに上達する
  • 」:まつる

という意味。

織姫のように機織りの技が上達するようにお祈りする風習が生まれました。

 

やがて、はた織りだけではなく芸事や書道などの上達も願うようになったということです。

 

そして「乞巧奠」は、日本では平安時代に遣唐使によって伝わり宮中行事として取り入れられるようになったそうです。

 

宮中の人々は、桃や梨、なす、うり、大豆、干し鯛、アワビなどを供えて星をながめ、香をたいて、楽を奏で、詩歌を楽しんだようです。

 

また、サトイモの葉にたまった夜つゆを「天の川のしずく」と考えて、それで墨を溶かし梶の葉に和歌を書いて願いごとをしていました。

 

その後、江戸時代になると七夕は庶民の間にも広まり、人々は野菜や果物をそなえて、詩歌や習いごとの上達を願いました

 

梶の葉のかわりに五つの色の短冊に色々な願い事を書いて笹竹につるし、星に祈るお祭りと変わっていきました。

 

織姫と彦星
7月7日の七夕の夜、おりひめとひこぼしは

待ちに待った再会!という願いをかなえます。

 

人々は

二人のように、願い事がかないますように

短冊に色々な願い事を書いて、笹や竹の葉に飾るようになりました。

 

このように、乞巧奠のお祭りと七夕伝説が一緒になって笹に願いごとをつるす今の七夕祭りになりました。

 

七夕の名前の由来

着物1

 

 

 

 

 

 

七夕は、もともと「しちせき」とも読まれていたそうですが

どうして「たなばた」と読まれるようになったのか

気になりますよね。

 

きっとお子さんに聞かれることもあるかと思いますので

覚えておいて損はなし!!

 

それではどうぞ~。

 

日本では機で織った布を祖霊や神にささげたり税として収めたりしていました。

 

旧暦の7月

  • お盆や稲の開花期
  • 麦などの収穫期

にあたります。

 

そこで、お盆に先立ち祖霊を迎えるために

乙女たちが水辺の機屋(はたや)にこもって神さまのために心をこめて着物を織ります。

 

水の上に棚を作って機を織ることから「棚機」(たなばた)といい

機を織る乙女を「棚機つ女」(たなばたつめ)と呼びました。

 

やがて仏教が伝わるとこの行事は

お盆を迎える準備として、7月7日の夜に行われるようになったそうです。

 

現在、七夕という二文字で『たなばた

と当て字で読んでいるのもここから来ていると言われているそうです。

 

七夕飾りの意味

七夕飾り

笹に飾るのはなぜなのでしょう?

 

冬でも緑を保ちまっすぐ育ちます。

 

その生命力の強さから

笹は神聖な植物であり葉のこすれあう音が神様を招く

とされているからだそうです。

 

その笹に飾る七夕飾り、それぞれの意味を見てみましょう!

 

短冊

短冊

 

短冊願い事を書いて

叶うように願いを込めて飾ります。

 

吹き流し

吹き流し

吹き流しは織姫が織る機織りの糸に見立てられ

機織りの上達を願います。

 

また、家族や愛する人が糸のように長く生きられますようにという願いも込められています。

 

網飾り

網飾り

網飾りは魚を捕る網を表しています。

豊年豊作大漁の願いを込めて飾ります。

 

網で魚を集めるよう幸運も集められますようにという意味もあります。

 

折鶴(千羽鶴)

折鶴

折鶴は、長寿を願い

長寿のシンボルである鶴を折り紙で折ります。

 

 

神衣(かみこ)神衣

神衣という紙の人形(着物)を飾ると、裁縫が上達し着るものに困らなくなるといわれています。

災いを人形に移すという意味もあります。

 

昔は布や服は貴重品だったため、服に不自由しないということは経済的に豊かに暮らせ雅うようにという願いでもあったんですね!

神衣は、なるべく笹の高い場所に飾ると良いといわれています。

 

財布(巾着)巾着

財布は、金運の上昇を願い

折り紙で折ったり本物の財布を下げたりします。

 

屑籠(くずかご)

屑籠

屑籠は、

  • 整理
  • 整頓
  • ものを粗末にしない

という意味で、七夕飾りを作る時に出た紙くずを折り紙のかごに入れてつるします。

倹約の心を表現しています。

 

小さい頃は何気なく教えてもらった通りに折り紙で作っていた飾り。

 

その一つ一つ意味があって願いが込められていることが分かると、また違って見えてくるものですよね!

 

七夕の飾りつけはいつから?

 

七夕

幼稚園や保育園、学校などでは、6月のうちから子どもたちが飾りをつくったり短冊に願い事を書いて、7月に入るころには飾っているところもあります。

 

ショッピングセンターなどでもその頃にはよく見かけますよね?

 

正式には、七夕を飾る期間7月6日夜~7日夜までといわれています。

 

その理由は

七夕の由来でもある「棚機(たなばた)」の行事

(7月6日に水辺の小屋で神様に捧げる機を織り

それをお供えして、7月7日の夕方に禊を行)からきているとのことです。

 

本来は一晩だけ飾るもののようですが、現在では1週間ほどは飾っている場合が多いのではないでしょうか?

 

ちなみに七夕8月7日に行われるので

昨年7月8日に「アンパンマンミュージアム」へ行った際には

まだ笹が飾ってあり、短冊に願い事を書いてつるせるようになっていましたよ!

 

まとめ

七夕の夜空

7月7日、七夕といえば

  • 織姫と彦星が一年に一回会える日
  • 短冊に願い事を書いて笹に飾る行事

というのが子どもの頃から印象に残っていました。

 

  • 織姫と彦星が一年に一回しか会えなくなった理由である「七夕伝説
  • 中国の「乞巧奠」(きっこうでん)

これらが合わさって日本に伝わり、宮中行事に取り入れられるようになったのが始まりだったのですね!

 

  • 宮中で詩歌や習いごとの上達を願ったことが始まり
  • 江戸時代には庶民へ広がる
  • 五つの色の短冊に色々な願い事を書いて笹竹につるす
  • 星に祈るお祭り

このように形を変えて、現在のような七夕の行事になっていることがわかりました。

 

七夕を「たなばた」と当て字で読むのは「棚機」(たなばた)が由来

笹に飾る意味や短冊以外の飾りにもそれぞれ意味があることがわかりましたね。

 

子どもに説明するにはなかなか難しい所もあるので、小さいうちは

  • 織姫と彦星の『七夕伝説』
  • 飾りの意味

を簡単にして話してあげるといいかなぁと思います。

 

七夕の飾りつけ

本来は7月6日夜~7日夜までと一晩だけのもののようですが

子どもたちと一緒に作った飾りや短冊をもう少し長く楽しみたいですね!

 

SNSボタン