子育て

夏休みの昼ごはんがめんどくさい!すぐできるランチや手抜きで乗り切ろう!

夏休みになると長期間毎日昼ごはんを子どもに作るのがめんどくさいと思う時ってありますよね。

 

ワーママも専業主婦のママも毎日作らなくてはいけない、という点では同じです。

 

この記事では、

  • 夏休みお昼ごはんがめんどくさい!すぐできるランチレシピ
  • 夏休みの昼ごはんがめんどくさい!はメニューを決めて解決
  • 夏休みの昼ごはんはめんどくさい!留守番の子ども用作り置き
  • 夏休みの昼ごはんがめんどくさいママが楽に乗り切る方法
  • 夏休みの昼ご飯何も作りたくない日

についてまとめていきます。

 

 

夏休みお昼ごはんがめんどくさい!すぐできるランチレシピ

夏休みのお昼ごはんがめんどくさい時にすぐできるランチレシピを

  1. ごはん
  2. 麺類
  3. その他

の3つに分けてご紹介しますね!

 

夏休みのお昼ごはんがめんどくさい時のすぐできるランチ【ごはん】

ごはんものはかけるだけ・混ぜるだけ・握るだけなど工程を簡単にするとすぐにできますよね!

 

例えば…

  • しらす丼・そぼろ丼といったようなどんぶり系
  • チャーハン

 

私は豚肉が安く手に入った時に大量に豚丼のタネを作って小分けにして冷凍しておき、めんどくさい時にはレンチンしてごはんにのっけて出してます♪

 

大体こんな分量で作ってます。

  • 豚小間肉 600g
  • 玉ねぎ  2個
  • しょうゆ 大さじ6
  • 砂糖   大さじ3
  • みりん  大さじ3
  • 酒    大さじ3
  • おろししょうが(チューブの) 小さじ1

 

玉ねぎを炒める→しんなりしてきたら豚肉も入れて炒める→お肉に火が通ったら調味料を入れて強火で煮詰めながら具材にタレを絡める

 

作る時もとっても簡単!

そして豚丼以外にもアレンジできるから便利です☆

 

夏休みのお昼ごはんがめんどくさい時のすぐできるランチ【麺類】

夏休みのお昼ごはんを作るのがめんどくさい時、麺類は楽ですよね!

暑い日からと言い訳をして高頻度でそうめん出してます…。

 

そうめんも茹でるのがめんどくさい、という時は冷凍うどんが◎

※画像をクリックすると楽天市場が表示されます

 

電子レンジでチンでもOKなので、レンジにうどんを入れている間にキュウリや水菜、トマトなどの野菜を切ってサラダうどんに!

 

時間もかからないし、作る時の暑さも最大限回避できる気がしてます☆

 

夏休みのお昼ごはんがめんどくさい時のすぐできるランチ【パン】

夏休みのお昼ごはんを作るのがめんどくさい時は、子どもたちにも手伝ってもらってピザ風トースト!

 

パンにのせる具材は、家にあるもの何でもOKです。

 

例えば…

  • ケチャップ+トマト+ハム+チーズ
  • ケチャップ+ウィンナー+コーン+チーズ
  • ツナマヨ+チーズ
  • しらす+水菜+チーズ
  • 残り物のカレー+チーズ

などなど、他には宅配ピザ屋さんのチラシを参考にして具材を決めることもあります。

 

子どもは喜んで手伝ってくれるので、自分ではそんなに動かずにお昼ごはんが出来上がりますよ☆

 

 

夏休みの昼ごはんがめんどくさい!はメニューを決めて解決

夏休みは毎日3食作るので、昼ごはんを作るのがめんどくさいだけじゃなくメニューにも悩みますよね。

わが家もメニューを考えるのがめんどくさくなり、「今日は暑いからそうめんがいいね!」と週3~4そうめんになることも…

 

そんなめんどくさいを解決するために、曜日で昼ごはんのメニューを決めるという方法があります!

 

例えば…

  • 月曜日:カレーライス
  • 火曜日:パスタ+スープ
  • 水曜日:+具だくさん味噌汁
  • 木曜日:簡単リゾット
  • 金曜日:トースト+野菜たっぷりスープ
  • 土曜日:そうめんorうどん
  • 日曜日:やきそば

といった感じです。

 

概ねメニューが決まっていれば、あとは冷蔵庫の中身に合わせてアレンジしていくだけなので少しは考える手間が減りますね!

 

夏休みの昼ごはんはめんどくさい!留守番の子ども用作り置き

ワーママもまた子どもの夏休みのお昼ごはん、悩みますよね。

 

  • 児童館へ行っているお子さんであれば毎日のお弁当
  • 家で留守番をするお子さんなら火を使わず安全に食べられるもの

など、配慮も必要。

 

お弁当持参の場合

お弁当であれば、冷凍食品や作り置きしておけるおかず、入れるだけの野菜などで忙しい朝を時短して乗り切りましょう!

 

わが家の夏休みのお弁当は、

  • 冷凍食品1品(お肉やお魚系)
  • 作り置きおかず1品(ほうれん草の胡麻和えやきんぴらごぼう、ひじきの煮物など)
  • 野菜(ブロッコリーやミニトマトなど)
  • 卵料理(主に卵焼きで中に入れる物を変える)

 

子どもにとってはつまらないかもしれませんが、大体毎日この4品を入れることに決めています。

 

家で留守番の場合

家で留守番をする子どもに作るお昼ごはんは、もちろんお弁当でもいいと思いますが、他の場合は簡単に食べられるものが良いでしょう。

 

例えば…

  • サンドイッチ
  • +お味噌汁
  • ホットケーキ
  • やきそば
  • お好み焼き
  • チャーハン
  • オムライス

のように、そのままもしくはレンジで温めるとおいしく食べられるもの、かつ簡単に作れるものが良いですね!

 

火を使っても危なくない年齢になれば、カレーやシチューなどを用意して行っても良いかもしれません。

 

夏休みの昼ごはんがめんどくさいママが楽に乗り切る方法

夏休みのお昼ごはん問題を乗り切る方法をまとめます。

  • 曜日でメニューを決めておく
  • 一品メニューにする(丼ものや麺類など)
  • レトルトや冷凍食品も活用する
  • 外食をする
  • アレンジできる作り置きレシピを活用する

 

また、Oisixにはあらかじめ必要な食材や調味料が全てセットになったキットがあり、20分程で完成するものがほとんど。

こちらを使うようになってからかなりごはんの支度の負担が減ったように感じてます!

 

夏休み中毎日お昼ごはんを作るのはめんどくさいので、たまにはレトルトやキットを使って楽して乗り切りましょうね☆

 

 

\初めてならキットも入ったおためしセットがお得!/

有機野菜といえば

>>オイシックスで楽して夏休みを乗り切る♪

 

 

夏休みの昼ご飯何も作りたくない日は…

とはいえ夏休み中昼ごはんを毎食手作りするのはしんどい…本当に何も作りたくない。

そんな日もたまにはありますよね!

 

そんな時は無理をせずたまには外食やレトルト食品、お惣菜、冷凍食品などで済ませましょう♪

 

などなど、レトルト食品もおいしいものが多いですし、チンしてかけるだけもアリだと思います!

 

 

 

冷凍食品ならパスタもチンするだけ♪

 

 

小さいお子さんがいて栄養バランスが気になる…という方は、幼児食の宅配冷凍食品もおすすめですよ!

 

温めるだけでOKですし、管理栄養士さんが監修していて幼児期に必要な栄養素がしっかり入っているので安心です。

 

>>栄養ばっちりな時短ごはんをチェックしてみる

 

 

 

夏休みの昼ごはんがめんどくさい!まとめ

夏休みは毎日お昼ごはんを作ることを考えるだけでめんどくさい…と思ってしまいますよね。

 

子どもたちにとってはせっかくの楽しい夏休み!

  • 曜日ごとにメニューを決めておく
  • 簡単レシピで済ませる
  • レトルト食品を使う
  • 外食

なども利用して、適度に手を抜いて乗り切りましょう!

 

 

 

有機野菜

>>オイシックスのキットを利用して夏休みを乗り切る♪

 

 

 

>>幼児さんも安心!栄養ばっちり時短ごはんをチェック♪