季節の行事

夏至とは?食べ物は地域によって違う!!夏至のお祭りもあるの!?

夏至
夏至

 

 

夏至といえば、「一年で一番日が長い日」ということは思いつきますよね。

 

しかし、冬至のように夏至に食べる物はコレ

 

といった食べ物はなかなか思いつきません。

 

冬至の『南瓜』のように決まった食べ物はあるのでしょうか?

 

ここでは夏至とは何か、気になる食べ物と地域による違い、夏至に行われているイベントについてまとめました。

 

 

 

 

 

夏至とは?

6月のカレンダー

 

夏至とは、二十四節気の1つです。

 

北半球では一年のうちで最も昼の時間(日の出から日没まで)が長くなる日です。

 

南半球では夏至の日に最も昼の時間が短くなる日、ということになりますね。

 

それは、太陽が最も北(北回帰線の真上)に来るために起こるのです。

 

しかし夏至は6月21日頃(数年に一度22日の年もありました)と日本の大部分では梅雨のさなかであり、日照時間は冬よりも短いことが多いようです。

 

 

 

旧暦では4月~6月が夏の期間となっており、夏至は5月でした。

夏に至ると書いて『夏至』というのは、この旧暦からきているのでしょうかねぇ。

 

 

 

 

 

夏至の食べ物といえばタコ!

タコ

 

夏至は、冬至の『南瓜』『ゆず湯』のような風習を知らず、今まで特に気にしたことはありませんでした。

 

調べてみると、夏至の食べ物といえば、『タコ』だそうです。

 

 

 

関西には夏至から半夏生(夏至から11日目)にかけて、田植えが終わり次第タコを食べる習慣がありました。

 

これは現在でも残っています。

 

 

タコの八本の足は吸盤でなかなかはがれないことから、農作物(主に稲)が根をはって地から離れないよう、地にしっかりと根付くようにという願いが込められた風習です。

 

 

ちなみにタコには良質のたんぱく質がたくさん含まれていて疲労回復に作用します。

一生懸命田植えをした人々の体の疲れを取ってくれるという意味での食べ物だったんですね!

ちなみにタコは、夏バテ防止におすすめの食べ物です。

 

 

 

 

夏至の食べ物、地域

 

 

前項で、『夏至といえばタコ!』というお話をしましたが、これは全国共通の行事食ではなく、関西の一部での風習です。

 

 

各地で地域ごとの行事食があったので、関西の『タコ』以外をご紹介します。

 

 

北海道

北海道

 

北海道では夏至に食べる物、というのはないようです。調べてみましたが、特に決まった風習はありませんでした。

 

 

しかし、北海道当別町で『夏至祭』、稚内市では『白夜祭』というイベントが夏至の日に行われていました!

 

詳細は事項でお伝えしますね!

 

 

 

 

東北

東北

 

 

東北は、北海道と同じくに夏至に食べる食べ物は特にありませんでした。

 

東北ではお米が有名な地域も多々あり、田植えが行われているのに、夏至の風習がないのは不思議ですね~。

 

 

 

福井

焼サバ

 

 

福井では夏至ではなく、夏至が過ぎて田植えが終わる頃の半夏生(夏至から11日目)に越前サバを食べる習慣があります。

 

サバを丸焼きにして食べるという贅沢な食べ方で、夏を乗り切るというのが風習になっています。

 

重労働であった田植えを乗り切る為に、栄養のあるサバを食べて体力を蓄えるという習慣がありました。

 

現在でも半夏生にサバを食べる習慣が残っています。

この半夏生の焼サバは、一本丸々が棒に刺されて焼かれているので、写真を見るとかなり豪快な感じでした!

 

 

 

関東

餅と稲

 

 

関東では、昔は小麦と稲の二毛作をしている農家が多く、田植えの時期には収穫したての小麦がありました。

 

 

小麦餅を作って、神様に供え豊作を祈願したり、田植えを手伝ってくれた方々に配って皆で食べ、労いと感謝の気持ちを伝えていたそうです。

 

小麦餅とは米と小麦を同じ量使ってこねて焼いた餅のことです。

 

 

 

静岡

冬瓜

 

 

静岡では、夏至には冬瓜(とうがん)が食べられています。

 

 

冬瓜(とうがん)とは瓜の一種で、夏に収穫され冬まで保つくらい貯蔵性が高いことからこのような名前がつきました。

 

 

水分が95%以上で、薄味でさっぱりとしていて、またビタミンCが含まれているため夏の始まりである夏至に食べられているのでしょう。

 

完熟すると皮が厚くなり、表面がみずみずしいのが特徴です。

 

冬瓜は味は控えめでクセがないので、煮物、汁物、漬物、酢の物、和え物、あんかけ、など様々な具に用いられます。

 

 

 

愛知

無花果

 

 

愛知では、特産品である無花果(いちじく)田楽味噌を塗って食べる習慣があります。

 

 

いちじくは不老長寿の食べ物といわれ、稲作の時期やこれから暑くなってくる夏の始まりに、体の状態を気遣って食べていたということが言われています。

 

 

 

関西

奈良

餅

 

 

奈良は関西ですが、関東と同じく小麦餅を夏至に食べる習慣があります。

奈良の小麦餅も関東地方と同じ由来があります。

 

 

 

京都

水無月

 

 

京都では、夏至には「水無月(みなづき)」といわれる和菓子を食べています。

水無月は、ういろうの上に小豆を乗せたお菓子です。

三角形であるういろうは暑気払いを意味し、小豆は魔除けを意味しています。

水無月を食べて夏を迎える心づくりをする、ということなのですね。

 

 

 

三重

ミョウガ

 

 

三重では、夏至にちょうど旬を迎えるミョウガを食べる習慣があります。

 

ミョウガにはアルファピネンという精油成分があり、発汗、呼吸、血液の循環などの機能を促す作用があります。

 

またミョウガは平安時代に大陸から日本に生姜とともに伝わったと言われています。

 

その際に、匂いの強い方を「兄香(せのか)」、弱い方を「妹香(めのか)」と呼び、それが変化してショウガ、ミョウガとなったと言われます。

 

 

ミョウガには食べると物忘れがひどくなるという俗説がありますが栄養学的にそのような成分はなく、香り成分によって集中力を高める効果があるそうですよ。

 

 

 

香川

香川のうどん

 

 

香川では、夏至には特産品であるうどんを食べる習慣があります。

 

この夏至の日、香川県生麺事業協同組合がうどんの日として定めています。

 

 

田植えがちょうど終わる時期にみんなでうどんを食べます。

 

収穫された麦を使ってうどんを打ち、農作業を手伝ってくれた人たちに感謝の気持ちを込めて作った、という意味があるようですね。

 

 

 

 

 

夏至のお祭り

夏至祭のイメージ

 

 

北海道当別町で行われている『夏至祭』は、スウェーデンの伝統行事のひとつで、夏至を祝うお祭りです。

 

 

冬の長いスウェーデンでは、1年で最も昼間の時間が長い日(夏至)を祝福し広場に集まり、季節の草花で美しく飾りつけられた大きな柱(マイストング)を立ち上げ、フォークダンスを踊り、ごちそうを楽しむのだそうです。

 

北海道当別町はスウェーデン・レクサンド市と姉妹都市であり、「夏至祭」は交流の証のひとつだということです。

 

ちなみに今年の『夏至祭』の予定は以下のようになっています。

 

 

日程:2018年6月17日(日)10:00~15:00

 

場所:スウェーデン交流センター、スウェーデン公園、レクサンド記念公園

 

内容:

グリーンコンサート(スウェーデン公園)
 当別中学校&当別高校吹奏楽部
 当別アンサンブルファミリー

リースの行進(レクサンド記念公園~スウェーデン公園)

マイストングの立ち上げ(スウェーデン公園)

フォークダンスの集い(スウェーデン公園)

カフェテリア(交流センター 中庭)

北欧プレート(本場スウェーデン夏至祭の定番メニューです。)北欧ビールなど

ガラスマーケット(交流センター 中庭)

夏至祭マーケット(交流センター 駐車場)

吹きガラス制作体験(交流センター ガラス工房)
ガラス体験 :午前の部 10:00~12:00
       午後の部 13:00~15:00

木工制作教室(交流センター 木工房)

 

 

 

日本最北端の地、北海道稚内市では『白夜祭』という祭が行われています。

 

最北の地

 

稚内市は日本で最も緯度が高く、夏至の日は日本で最も昼が長くなるということで行われているイベントです。ます。

 

今年の予定は以下のようになっています。

 

 

第5回日本最北端わっかない白夜祭

 

日程:2018年6月15日 ~ 2018年06月16日

場所:キタカラ前(駅前広場)、キタカラアトリウム

内容:白夜グルメ&ビアガーデン

   稚内ブランドを含め、枕崎市物産展、ラーメンなどの販売

 

このお祭りに合わせて、『白夜映画祭』というのも開催されているようです。

 

 

 

 

三重県伊勢市の二見興玉神社で行われる『夏至祭』は有名なお祭りです。

 

夫婦岩の間から昇る朝日

 

太陽のエネルギーが最も溢れる夏至の日に、夫婦岩の間から昇る朝日浴びながら、禊を行うというのが慣習となっています。

 

 

天候が良ければ、富士山の背から差し昇る朝日を拝することが出来るそうですよ。

 

この景色はとても美しいと言われており、ぜひ一度は訪れてみたいですね!

 

ちなみに今年の『夏至祭』は以下の予定です。

 

日程:2018年6月21日(木)

会場:二見興玉神社

 

 

 

 

 

 

まとめ

夏至のイメージ②

 

 

夏至とは、北半球では一年のうちで最も昼の時間(日の出から日没まで)が長くなる日です。

冬至と言えば『南瓜』のような全国的な食べ物はなく、夏至は地域によって違いましたね!

 

 

北海道や東北には特に決まった食べ物を食べる習慣はありませんでした。

福井では丸焼きにした焼サバ

関東や奈良では小麦餅

静岡では冬瓜

愛知では無花果に田楽味噌

関西の一部ではタコ

京都では「水無月(みなづき)」といわれる和菓子

三重ではミョウガ

香川ではうどん

 

とそれぞれ意味があり、地域ごとに様々な食べ物を食べる習慣がありました。

 

また、夏至に合わせて『夏至祭』や『白夜祭』が開催されているところがあるというのも驚きでした!

 

機会があったらぜひ、行ってみたいものですね。