季節の行事

十五夜の意味を知ってる!?子どもに聞かれても大丈夫!分かりやすい説明の仕方

十五夜
十五夜

 

暑い暑い夏が終わりに近づいて秋を迎える頃、

保育園や幼稚園に通っているお子さんの口からは

 

「うーさぎうさぎ~♪」

という歌が聞こえてきませんか?

 

十五夜といえば、

お月見や満月を思い浮かべますよね。

 

そして、すすきに...

やはり月見団子でしょうか!笑

 

 

ところで

 

「十五夜ってなぁに~??」

「どうしてすすきやお団子をおくのぉ~??」

 

な~んてお子さんに聞かれた時、

すぐに答えてあげることができますか?

 

正直、わたしは

ドキッ!!としてしまいます。

 

きっとシドロモドロに

なってしまうこと間違いなし!!

 

とえらそうに言っている場合では

ありませんよね...

 

 

まずは自分自身が十五夜について

どんな意味があるのか

 

しっかりと知っておかなければなりません。

 

そして知った上で

子どもたちに分かりやすく

説明してあげましょう!!

 

それではどうぞ~。

 

 

 

 

 

十五夜の意味

 

中秋の名月

 

十五夜とは旧暦の8月15日

 

この夜の月を

中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)

と呼びます。

 

「中秋の名月」とは

秋の真ん中に出る満月

という意味です。

 

 

旧暦では

1月~3月:春

4月~6月:夏

7月~9月:秋

10月~12月:冬

 

 

としていました。

 

8月は秋の真ん中であり

 

8月15日の夜に出る満月なので

そう呼ばれるようになりました。

 

 

現在の新暦では1ヵ月程度ずれているため

9月7日から10月8日の間に訪れる

満月の日を十五夜

 

その日の夜に出る月を

中秋の名月と呼びます。   

 

 

また、”ちゅうしゅうのめいげつ”は

仲秋の名月」という表現もあります。

 

仲秋」とは

秋を

  • 初秋(旧暦7月)
  • 仲秋(旧暦8月)
  • 晩秋(旧暦9月)

の3つに区分した場合の言い方で

 

旧暦8月全体を指しています。

 

なのでこれだと

十五夜の月に限定されなくなります。

 

それに対して「中秋」は

上記の通り「秋の中日」ですので

 

旧暦8月15日のみを指すことになります。

 

 

 

また十五夜には

中秋の名月の他にも呼び名があるのを

ご存知でしょうか?

 

芋の名月』といって

秋に収穫される芋類をお供えし

収穫を感謝する意味から

こう呼ばれています。

 

 

このように十五夜は

秋の真ん中に出る満月を表しているのと

 

作物が月の満ち欠けとともに成長することから

穀物が実り豊かに育った秋の収穫を祈る

意味とがあります。

 

 

十五夜は

ススキやお団子をお供えして

きれいなお月さまを眺めるだけではなくて、

 

昔から農業を中心とした生活を送ってきた

日本の人々にとっては

 

特別な意味のある行事だったのですね~!

 

 

 

 

 

十五夜と満月

 

満月

 

 

さて

十五夜というと満月のイメージがありますが

 

実はそうではなかったのです。

 

十五夜満月

1~2日ずれることが多く

 

毎年変わります

 

 

これは月と地球の公転軌道の関係で

 

新月から満月までの日数が

14日間~16日間と差があるために

 

満月になるまでの日数が違うからなのです。

 

 

ちなみに今年(2018年)は

  • 十五夜9月24日
  • 満月 9月25日

となっています。

 

2019年

  • 十五夜9月13日
  • 満月 :9月14日

 

2020年

  • 十五夜10月1日
  • 満月 :10月2日

と続いています。

 

次に十五夜と満月が同じ日になるのは

2021年9月21日となっていましたよ!

 

 

十五夜が満月にあたるとは限りませんが

お月見は十五夜にするのが習わしなので

気をつけましょうね。

 

 

 

 

 

十五夜のお月見にお供え物をする理由

 

すすき

すすき

 

十五夜のお供え物として

すすきは欠かせませんよね。

 

お供え、というとお花をイメージしますが

なぜすすきを飾るようになったのでしょうか?

 

 

すすき

月の神様を招く依り代(よりしろ)

として供えられます。

 

本来、月の神様の依り代は稲穂です。

 

しかし

この十五夜の時期は稲穂が実る前でした。

 

そのため

稲穂に見立てて代わりにすすき

供えるようにななったのです。

 

 

依り代(よりしろ)とは?

精霊(神霊や御霊など)が

依り憑くものや場所などのことをいいます。

 

依り代の対象は

  • 樹木
  • 岩石
  • 人形
  • 人間

などと考えられています。

 

 

すすきは

茎の内部が空洞であるため

 

神様の宿り場になると

信じられていました。

 

また切り口が鋭いことから

魔除けになるとも考えられてきました。

 

そのため十五夜に供えるすすきには

悪霊や災いなどから収穫物を守り

翌年の豊作を願う

という意味が込められています。

 

地域によってはお月見に飾ったすすきを

庭や水田に立てたり

軒先に吊るしておいて

 

災いから田や家を守る

風習が残っています。

 

供えたすすきを軒先に吊るすと

1年間病気をしない

という言い伝えも残っています。

 

 

 

月見団子

月見団子

 

十五夜といえばやっぱり

団子ですよね。

 

十五夜には

これからの収穫を祈り

 

お米の粉で作った団子を供えたのが

始まりといわれています。

 

白くて丸い月見団子は

月が満ちる姿=満月

イメージしたものです。

 

これは

収穫への祈りだけではなく

物事の結実健康幸せを祈る

 

という意味合いもあります。

 

このお月さまと同じように

 

丸い月見団子を供えた後に

家族でそろって食べることで

 

健康と幸せを得ることができる

と考えられています。

 

 

 

その他

お供え

 

お団子の他に十五夜の別名「芋名月」の由来ともなった

里芋などの芋類の収穫を祝う行事でもあるので

 

里芋さつまいもなどを

お供えします。

 

また、この時期にとれた

旬の野菜果物を供えるのも良いでしょう。

 

しばらくお供えしたら

旬の食材なので下げて頂きましょう。

 

供えたものを下げて頂くことで

神様との結びつきが強くなる

と考えられていますよ。

 

 

 

 

十五夜の意味を子どもに分かりやすく説明しよう!

ひらめく子供

 

 

十五夜の意味を

小さな子どもにも分かりやすいような

伝え方にしてみますね。。

 

 

十五夜の意味

十五夜

 

十五夜は「中秋の名月」と言って秋の真ん中

1年の中でも特に綺麗に見える月が出る日でしたね。

 

なので、

 

[char no=14 char=”あいうえママ”]

十五夜のお月さまは1年の中で

一番きれいに見えるのよ。

[/char]

 

[char no=14 char=”あいうえママ”]

だから十五夜にはお月さまを

ゆっくりと眺めてお月見をするのよ!

[/char]

 

こんな風に伝えると

小さな子にも分かりやすいでしょうか。

 

 

 

すすきを飾る意味

すすき

 

すすきは稲穂に見立てて豊穣を祈ることと

魔除けの意味がありましたね。

 

 

[char no=14 char=”あいうえママ”]

すすきは、
秋になったらたくさんお米がとれるように
お月さまにお願いするために飾るのよ。[/char]

 

[char no=14 char=”あいうえママ”]

まだお米はとれないから

お米ができる稲に似ているすすきを飾るの。

[/char]

 

[char no=14 char=”あいうえママ”]

すすきを飾ると神様が来てくれて

悪いことが起こったり、病気になったりしないように

みんなを守ってくれるのよ。

[/char] [/char]

 

 

と伝えると小さな子にも分かりやすいでしょう。

 

 

 

団子を供える意味

団子

 

お団子は農作物の収穫を祈る意味があり

白く丸いのは満月をイメージしていましたね。

 

 

<[char no=14 char=”あいうえママ”]div class=”sp-info”>秋に食べ物がたくさんとれるように

お月さまへお願いするために
お団子をお供えするの。
 

[/char]

 

[char no=14 char=”あいうえママ”]

お供えしたらみんなで食べると
元気で幸せにいられるように
お月さまが力をくれるのよ。

[/char]

 

 

と伝えると小さな子にも分かりやすいでしょう。

 

 

 

 

まとめ

まとめ

 

 

十五夜とは、旧暦の8月15日

 

この夜の月を中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)と呼び

これは秋の真ん中に出る満月という意味でしたね。

 

 

十五夜というと満月をイメージしがちですが

実はぴったりと日にちが合うことは少なく

 

1~2日ずれることが多い

ということが分かりました。

 

 

 

十五夜にはお月見をするのが昔からの習わしで

この時にお供えする物にもそれぞれ意味がありました。

 

すすき

稲穂に見立てた月の神様の依り代と魔除け

 

団子

秋の収穫を祈り、

物事の結実や健康、幸せを祈る

 

というものでしたね。

 

 

 

十五夜というのは

昔から伝わる習わしで

秋の風物詩でもあります。

 

十五夜について子どもたちに聞かれたら、

 

十五夜やお供えものに込められた意味

ぜひ分かりやすく伝えてあげて下さいね。

 

そして子どもと一緒に

綺麗な月を眺めながら

すすきを飾って

お供えしたお団子を楽しみましょう!

 

 

 

十五夜に関してはこちらの記事も合わせてどうぞ

>>十五夜とは?うさぎが月にいて餅つきをしているのはなぜ?気になる世界の月の模様