子育て

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる理由。10ヶ月の子に楽しい歯磨きを習慣化!

仕上げ磨きを嫌がる子供
抱っこしてガーゼ磨きをする赤ちゃん

かわいい赤ちゃんが誕生して10ヶ月。

 

そろそろ小っちゃい前歯が生え始め、離乳食も後期に入ってだんだんと食べる量も多くなってくる頃でしょうか。

 

 

そのころになるとやっぱり気になるのは、歯磨きのこと。

 

いざ、歯磨きを始めよう!!とお母さんががんばっても、赤ちゃんはお口を開けることすら嫌がって、きちんと磨けず、どうしたら良いものかと日々悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

 

 

そんな私も、わが子が赤ちゃんの頃から2歳頃までは歯磨きのイヤイヤに悩んでいました。

 

初めは「歯磨きティッシュ」でキレイに!と箱入りで買ったものの、全く口を開けてくれず、嫌がって泣いているのに目をつむりながら無理やり拭いてしましました...

 

楽しげに歌を歌ってみたり、お気に入りのぬいぐるみを持たせてみたり、「虫歯になるよ」という内容のことを話したり(赤ちゃんにそんなこと話しても...ですよね 笑)...

 

 

色々試してみましたが、今回は大丈夫だった!という一時的なもので、これといって良い方法が見つからずに苦戦していました。

 

 

 

そこでそんな経験を踏まえつつ、今回は、10ヶ月の赤ちゃんが歯磨きを嫌がる理由をリストアップして、その対策や、赤ちゃんと一緒に楽しく歯磨きできる方法をまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

10ヶ月の赤ちゃんが歯磨きを嫌がる理由

仕上げ磨きを嫌がる子供

仕上げ磨きのイヤイヤ。原因は様々ですが、「ママたちの仕上げみがきが意外に乱暴なことが気になる」とBaby-moにて歯科医師の先生のお話が書いてあります。

 

うちの子が歯磨きをすご~く嫌がっていた赤ちゃんの頃のことを思い出しながら、

 

嫌がる理由をリストアップしてみます。

 

 

 

まず1つめは、歯ブラシを当てる力が強すぎて痛い!

 

歯ブラシはギュッと力を入れず、えんぴつを持つようにして、やさしく、やさしく...

初めは気をつけていても、赤ちゃんが嫌がると、「何とかして磨いてあげなくちゃ、虫歯になったら大変!」と焦り、ついつい力が入ってきます。

歯ブラシを持つ手にも、赤ちゃんの顔を押える手にも。

 

 

 

2つめはママが怖い!!

 

これはわたしが歯医者さんで言われたことですが、

『赤ちゃんの仕上げ磨きをしてあげるとき、お母さんイライラしてこわ~い顔をしていませんか?

ただでさえ下を向いたお母さんのお顔を下から見上げると、普段見ている顔と違って少し怖く感じるのに、更に怒った顔をしていたら子供は恐怖しか感じませんよ!』

 

家に帰って下に鏡を置いて覗き込んでみました。

なるほど!!たしかに恐ろしい!!笑

 

それに加えて1つめのように顔を押えられるとなおさら怖さは増しているはず...

 

 

 

3つめは、口の中を触られるのがイヤ

 

赤ちゃんは、ガーゼで口の周りを拭かれるだけでも嫌がる子が多いですよね。

 

 

それが、今までは口の周りを拭いていただけだったガーゼが口の中に入ってくることは、赤ちゃんにとっては驚きや不快なものなのではないでしょうか。

 

 

 

他には、『歯磨きのときの体勢』がイヤ、『眠たい』からイヤ

 

など、赤ちゃんによっても歯磨きを嫌がる理由は色々あります。

 

 

では、このように嫌がっている赤ちゃんにどのように歯磨きを進めていったらいいのかをみてみましょう!

 

 

 

 

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる場合の対策

 

歯ブラシの選び方と持ち方

歯ブラシを選ぶ子供の手

 

 

赤ちゃんが痛がらないための歯ブラシの選び方

 

毛のついた頭の部分が小さめの歯ブラシ(毛の部分が2本分の歯の幅程度)

毛先が丸く加工してあるほうが磨きやすく、歯ぐきにもやさしいです。

 

歯みがきを嫌がっている時期には、楽しい気分にするために赤ちゃんの好きな色やキャラクターを選ぶのも良さそうですね。

 

また、仕上げみがき用に柄が長めでお母さんが持ちやすい歯ブラシも用意してあった方が良いですね!

 

 

持ち方歯ブラシえんぴつ持ち

 

ペンを持つようにして、余分な力が入らないように気をつけましょう。

 

気をつけていても知らず知らずのうちにまた力が入っていることがあるので、私は途中で何度か手を止めて確認していますよ!

 

 

そして歯の面に直角にあてると良いようです。

 

 

 

お母さんの顔がコワイ場合

怒るお母さん

これはもう私たちお母さんの努力!いつもニコニコやさしい笑顔を忘れずに!

 

これ以外に解決方法はないでしょうね~。

 

 

うちの子によると、怒った顔だけじゃなく真顔もコワイそうです...

 

え? 私だけ!? 笑

 

 

 

口の中を触られるのが嫌な場合

歯磨きを嫌がる子供

 

今までの習慣にはなかったことなのに、突然歯磨きの時だけ口の中を触られたり、顔を押えられたりすると、赤ちゃんもいやな気持になったり不安になったりします。

 

なのでまずは赤ちゃんの口にポンポンと手を当てたり、頬を押えたり離したりなど、口の周りや頬や顎を触ることを遊びにして、口を触ることに慣れさせて不快な気持がなくなるようにしてみましょう!

 

 

 

歯磨きの体勢が嫌な場合

 

ガーゼで拭く時期には、いつもの抱っこと同じようにしっかり抱っこして、赤ちゃんが安心できる姿勢で行ってみましょう。

 

 

10ヶ月くらいのまだ小さな頃は、赤ちゃんをヒザに寝かせて、片手をママの腋の下にはさんで歯磨きをするのが良いです。

 

 

 

眠たいからイヤな場合

あくびをする赤ちゃん

 

この時期は歯ブラシに慣れることが目的なので、子どもが機嫌のよい時間帯やお母さんの余裕のあるときに行い、慣れてきたら毎食後習慣となるように徐々に増やしていきましょう、と小児歯科のサイトにありました。

 

ですから眠たい時に無理にしようとせずに、赤ちゃんとお母さんがお互いに良い時間を見計らって磨いてあげましょう!

 

 

 

 

 

歯磨きを楽しくできる方法

歯と歯ブラシ

 

赤ちゃんに歯磨きが習慣化するよう、前項で書いた嫌がる対策の他にも、楽しんで歯磨きできる方法を紹介します!

 

 

小さなころから歯ブラシを持たせる

歯ブラシを持つ赤ちゃん

 

 

シリコン製の歯ブラシは赤ちゃんがカミカミして遊べるため、口の中を触られることを嫌がる赤ちゃんでもおしゃぶりのような感覚で遊びとして取り入れられるので、徐々に慣れることができそうです。

 

 

これ、わたしは試してみなかったのですが、口の中を触られることをとっても嫌がっていたので、早いうちにやってみたら良かったなぁ...

 

と2年以上も前のことを今更後悔しています。

 

 

 

歯磨きができたら褒める

子どもを褒めるお母さん

 

赤ちゃんはお母さんが大好きです。

 

そのお母さんが褒めてくれたら、赤ちゃんはとても喜び、歯磨きを楽しいもの、と感じてくれるのではないでしょうか。

 

 

わが家では効果絶大!!です。

 

 

 

手鏡をみせる

鏡を見て歯磨き

手鏡を見せながら赤ちゃんの歯磨きをして、

 

「ここにバイ菌がいたよ!」、「やっつけようね!」などと話しかけるのも楽しい歯磨きの時間になり、嫌がらなくなる子も多いですよ!

 

 

こどもチャレンジの付属品の、しまじろうの顔の形で両サイドに持ち手がついた手鏡、これはうちの子も興味もってました!

後ろに曲がかかるボタンがついていて、初めは鏡よりそのボタンが気になる様子でしたが、1歳半頃からは鏡の中をじーっと見つめる時間が増えてきたような気がします。

 

 

 

歯磨きソング

 

おかあさんといっしょの歯磨きソングを歌ったり、

 

You Tubeなどを使って、歯磨きの歌を流しながら歯磨きすると、赤ちゃんも嫌がらず楽しい時間になりそうですよね~!

 

 

 

うちでは、お母さんと一緒の「歯磨き上手かな」やしまじろうの歯磨きソングをわたしが歌ってみましたが、あまり効果はありませんでした...

 

 

自分で歌わずにテレビやYou Tubeなどで動画付きのものを流した方が、歯磨きのイメージができて良かったのかもしれないなぁ!

 

 

 

 

 

赤ちゃんの歯磨きを始めるタイミングと歯ブラシを使い始めるタイミング

歯が生え始めた赤ちゃん

 

 

小児歯科のサイトや赤ちゃんの歯磨きについて調べていた際に見つけた情報を元にまとめました。

 

 

 

歯磨きを始めるタイミングは、下の前歯が2本生え始める6ヶ月くらいからです。

 

離乳食を始める前までの時期は赤ちゃんの食事は主に母乳なので、歯が生え始めてもガーゼや歯磨きティッシュなどでふき取るケアで大丈夫だそうです。

 

ただし粉ミルクの場合は糖分が含まれている場合があるので虫歯にならないようふき取り忘れに注意が必要です。

 

 

 

赤ちゃんが生後10ヶ月を過ぎると離乳食を食べる機会が増えますね。

 

歯ブラシを使い始めるタイミングはココ!!

歯磨きしましょ

 

この頃から赤ちゃん用の歯ブラシで丁寧に磨くことを始めましょう!

 

まずは歯ブラシを口の中に入れることに徐々に慣れてもらい、

慣れてきたら乳児用の歯ブラシで1~2回ちょんちょんと歯に触れる練習から開始しましょう!

 

 

歯ブラシの刺激に慣れてきたら、歯を見ながら1本ずつ優しくみがきます。

1本5秒位で、強すぎたり、長すぎたりして子どもが嫌がらないように気をつけましょう。

 

 

 

また上唇は唾液による自浄作用が少ないそうなので、ミルクのかすなどが残っていたらガーゼで拭うなどしてあげるとよいみたいです。

 

 

 

乳歯が生えそろったら(2歳頃)歯ブラシは赤ちゃん用から子ども用に変えても大丈夫です。

お母さんがしっかりときれいに仕上げ磨きをしてあげましょう。

 

 

 

 

 

10ヶ月の赤ちゃんに歯磨き粉は必要?

子ども歯磨き粉

 

歯医者さんのサイトでは、『赤ちゃんに歯みがき粉は必要なものではない』といわれていました。

 

歯みがきの最大の目的は、「歯の汚れをきちんと落とす」ことで、大人も子どもも、もちろん赤ちゃんの歯みがきについても同じですよね。

 

ミルクや離乳食などが中心である赤ちゃんの歯の汚れは、歯みがき粉は使わずに水だけのブラッシングでも落とすことができるそうです。

 

 

 

それに、まだ上手にうがいができない赤ちゃんに、歯みがき粉を使うのは抵抗がありませんか?

 

私も、「歯磨き粉を使ったらかえって虫歯になりやすいのでは?」と懸念し、3歳過ぎまで水だけのブラッシングでした。

 

 

それは勘違いで、歯磨き粉には虫歯を予防したり、歯の着色を防いだり、口の中を浄化をしたり...

 

と色々な効果があるようですが、無理に使う必要はないので、きちんとうがいができるようになってから使い始める方が良さそうですね!

 

 

また、歯みがき後にうがいができない赤ちゃんや、歯みがき自体を嫌がってしまう赤ちゃんには、食後にお茶を飲ませて口の中をすすぐだけでも、ある程度の効果があるようです。

 

食べたらお水やお茶を飲む習慣をつけておきたいものです。

 

 

 

 

まとめ

歯磨きしてもらう赤ちゃん

 

 

この世に誕生してまだ10ヶ月しかたっていない赤ちゃんにとって、これまではなかった「歯磨き」は驚きと不快で、嫌がってしまうのは仕方がないことなのですね。

 

そんな時期に、顔を押えられて痛いくらいに歯ブラシを当てられたり、大好きなお母さんがコワ~い顔をしてのぞき込んできたり、眠いのに無理やり口の中を触られたり...

 

赤ちゃんは当然イヤになってしまいますね。

 

 

お母さんは、「虫歯にならないように!」と躍起にならず、肩の力を抜いてやさしい笑顔で歯磨きをしてあげましょう!

 

 

まずは赤ちゃんが痛がらない歯ブラシを選び、お母さんは歯ブラシの持ち方と当て方をしっかりと覚えましょう!

 

遊びの中に取り入れながら、口の周りを触られることに慣れてもらって

赤ちゃんのご機嫌の良い時に、安心する体勢で

手鏡歯磨きソングなども使いながら

もちろん、歯磨きができた時にはたくさん褒めてあげましょう

 

 

10ヶ月の赤ちゃんが歯磨きを嫌がることなく日々の習慣となるよう、親子で楽しんで歯磨き、進めていきましょうね!