テレビ番組

中澤希水のwikiや実家・両親は?出身中学や高校、書道教室・作品についても調べてみた!

中澤希水 wiki 実家 両親 出身中学 高校 書道教室 作品 年収

中澤希水さんの奥様の熊谷真実さんが、2020年11月6日放送の『』にが出演しました。

 

中澤希水さんと熊谷真実さんは18歳差の歳の差婚で有名です。

中澤希水さんとは一体どんな方なのでしょうか?

 

今回は中澤希水さんについてプロフィール、本名、両親、学歴、書道教室、年収などの情報についてまとめました。

 
ここでは、

  • 中澤希水さんのwiki!本名は?
  • 中澤希水さんの実家や両親
  • 中澤希水さんの出身中学や高校はどこ?
  • 中澤希水さんの書道教室や作品
  • 中澤希水さんの年収はどのくらいなの?

についてまとめました。

 

 

中澤希水さんのwiki!本名は?

プロフィール

  • 名前:中澤 希水(なかざわ きすい)
  • 生年月日:1978年1月6日
  • 年齢:42歳
  • 出身地:静岡県浜松市
  • 職業:書道家

中澤希水さんの本名は中澤元臣さんといいます。

1歳の時から書道の筆を握っていたというのは非常に有名な話で、書道家になるべくして生まれてきたような方ですね。

 

しかし生まれてから今までずっと書道で生きてきたという訳ではなく、大学もご両親と同じ大東文化大学に入学。

専攻は中国文学科で勉強をしており、書道とは違った道を歩んでいます。

 

しかし大学在学中に書道部には所属しており、その際に成瀬映山さんを師匠に教わっていたこともありました。

一時、大学卒業後は3年ほど書道を離れ、ビリヤードに没頭しプロレベルにも達したそうです。

 

しかし書道の道を諦めることなく、「自分が一生を掛けて取り組むのは書道しかない」と決心します。

 

現在では恵比寿でご自身の書道教室を開き、また定期的に個展を行うなど書道家としての活動を邁進されています。

 

中澤希水さんの実家や両親

中澤希水さんのご実家は出身地の静岡県浜松市です。

浜松市にある書道教室「揚門会」がご実家が営むものです。

 

お父さんは中澤皐揚さん本名は中澤功さんです。

皐揚さんは大東文化大学を卒業。

現在は浜松書道研究会の会長を務めるなど書道界に影響力をお持ちの方です。

 

お母さんもまた、中澤彰子さんといい書道家です。

お母さんも大東文化大学の卒業。

浜松書道研究会の理事で評議員なども務めています。

 

またかつては高校の書道の講師も務めており、県立浜松北高校や聖隷クリストファー高校などで活躍された経験があります。

 

こんなすごい2人から生まれたので、1歳から筆を持たれていたといっても不思議ではないような気がしますね。

 

中澤希水さんの出身中学や高校はどこ?

学歴 高校 大学

中澤希水さんの出身中学浜松市内の市立八幡中学校

出身高校興誠高校(現在の浜松学院高校)です。

 

中高時代の活躍については特に情報はありませんでしたが、ご実家も書道教室ですので、そちらで書道を極めていたことは予想できますね。

 

中澤希水さんの書道教室や作品

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中澤希水・Kisui Nakazawa(@kisui_nakazawa)がシェアした投稿

中澤希水さんは定期的に東京築地にあるうおがし銘茶築地新店で作品展を行っています。

フロアを貸し切り盛大に個展を行っており、毎回多数の方々が作品を見に来店するそうです。

 

中澤さんの書道教室は東京の恵比寿にあり、教室で行うレッスンの他に通信教育やワークショップでも教えています。

恵比寿での東京教室

  • 入会金10000円(税抜)
  • 月謝が月2回のレッスンで10000円(税抜)
  • 年度初めにかかる年会費が10000円(税抜)

となっており、奥様の熊谷真実さんとの出会いもこの書道教室だったというのも有名な話ですね。

 

このほか通信教育

  • 入会費10000円(税抜)
  • 通信指導料7000円(税抜)+送料
  • 年度初めにかかる年会費が10000円(税抜)

となっています。

 

ワークショップは変動があるようですが、概ね5000円から8000円で行われています。

 

PCなどの普及で綺麗な文字を書かずとも作れる時代に、綺麗な字を書いていたら一目置かれる存在になれるかもしれませんので、そんな存在にこの値段でなれるレッスンを受けられるのは、安いかもしれませんね。

興味のある方はぜひ!!

 

中澤希水さんの年収はどのくらいなの?

年収

書道家としての年収は一般的な書道家と同等と予想ができますので、500万円程度ではないかと予想できます。

しかしメディアなどへの出演や個展などの活動も取り組まれていますので、それらを考えると年収は1000万円を越えているのではないでしょうか。

 

奥様の熊谷真実さんの年収も合わせるとご夫婦で想像も付かないような年収を得ていることが予想できますね。

 

まとめ

まとめ

今回は書道家の中澤希水さんについてまとめました。

イケメンの書道家としても人気が高く、書道家になるべくして生まれてきたような存在の方でした。

これからも日本の大切な文化である書道を広めていって頂きたいですね!

 

 

SNSボタン