スポーツ

小林樹斗のプロフィールや経歴!両親・兄弟、出身中学もチェック!

小林樹斗 生年月日 出身中学 両親 兄弟 経歴 プロフィール

小林樹斗さんは智辯和歌山高校の投手で、2020年ドラフトの注目選手です。

 

小学校から野球を始め、中学~高校と継続。

高校では甲子園に出場されており、最速152km/hのストレートを投げる投手です。

 

今回は

  • 小林樹斗さんのプロフィールや経歴
  • 小林樹斗さんのご家族
  • 小林樹斗さんの中学校
  • 小林樹斗さんのこれまでの成績
  • 小林樹斗さんの特徴
  • 小林樹斗さんのスカウトや指名の可能性

についてご紹介していきます。

 

小林樹斗のプロフィール

プロフィール

  • 名前:小林 樹斗(こばやし たつと)
  • 生年月日:2002年
  • 出身地:和歌山県美浜市
  • 身長:181cm
  • 体重:78kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手

小林樹人さんは和歌山県美浜市に生まれ、小学校の時に野球を始めます。

そこから中学~高校と野球を継続。

高校では甲子園に出場されています。

 

次に詳しい経歴を見ていきましょう!

 

小林樹斗の経歴

小学校、中学校時代

小林樹斗さんは、小学校の時に軟式野球を始めます。

中学校でも軟式野球部に所属されており、2番手投手だったとのことです。

 

 

高校1年生から体作りに力を入れる!

小林樹斗さんは、高校は甲子園でもよく話題になる智辯和歌山高等学校に進学されます。

智辯和歌山のハードな練習に最初はついて行けなかったという小林さん。

 

高校1年の夏の甲子園ではベンチ外でしたが、能力の高さは評価されており、秋からは主力う投手としてベンチ入りします。

 

球速も130キロ後半をマークし、順調に成長していきます。

 

1年の冬にも重点的にウエイトトレーニングを行い、10キロの増量に成功したんだそうです。

 

高校2年生で春のセンバツ甲子園に出場!

本格派右腕と評される小林樹斗さんは、高校1年のときから球威は上級生と比較しても一番だったそう。

 

それが、高校2年生の春のセンバツでは140キロ後半のキレのいいストレートを連発し注目を集めました。

準々決勝の明石商戦では147キロをマークし、一気にその名が広まることになります。

 

高校2年生夏の甲子園で球速148km/hをマーク!

高校2年生夏の甲子園でもその勢いは変わらず。

初戦の米子東戦で148キロを出し、3回戦の星稜戦では当時の3年生のエース池田陽佑さんではなく小林さんが起用されました。

 

しかし、初回からピンチを背負いリズムを保てないまま4回途中でマウンドを降りることに。

 

秋からはエースとなる予定だったものの状態は上がらず、冬場は下半身のウエイトトレーニング、走り込みなど徹底的に鍛え込んだそうです。

 

高校3年生夏は最速更新!

そんな小林樹斗さんは、高校3年の夏には時速150キロ、151キロ、152キロと、試合ごとに催促を更新。

冬場に鍛えた成果があがってきたのですね!

 

相手バッターを見ながら変化球で2三振を奪ったり、カーブ、スライダー、スプリット、チェンジアップを投げ分け、著しい成長を見せてくれました。

 

 

小林樹斗の両親や兄弟はどんな人?

小林樹斗さんのご両親や兄弟について調べてみましたが、情報は公表されていませんでした。

今のところは一般の方ですので当然かもしれませんね。

家族構成も分かりませんが、もしご兄弟がいたら野球をしている可能性もありますよね!

 

今後、もしプロで活躍されるようなことになれば、注目されて情報が出てくるかもしれません。

今後の活躍にも期待しましょう。

 

小林樹斗の出身小学校・中学校はどこ?

小林樹斗さんの出身小学校は美浜町立松原小学校、中学校は和歌山県美浜町立松洋中学校です。

和歌山県日高郡美浜町のご出身なので、小学校も中学校も地元のを卒業されているんですね。

 

小学校から野球を始めた小林樹斗さんは、中学時代はなんと2番手だったとのこと。

 

松洋中学校は、軟式野球での強豪校といわれており、1990年には県で唯一の全国制覇も果たしています。

卒業生には中日ドラゴンズの岡田俊哉選手もいらっしゃいます。

 

小林樹斗のこれまでの成績は?

小林樹斗さんのこれまでの成績を以下にまとめます。

  • 甲子園通算(19春夏・20交):5試合、0勝1敗、15 1/3投球回、防御率1.17、被安打率7.04、奪三振率7.63、四死球率2.35
  • 地方大会通算(近畿:18秋19春秋、県大会:18夏秋):8試合、8 2/3投球回、防御率9.35、被安打率14.54、奪三振率8.31、四死球率7.23
  • 20夏:4試合、0勝1敗、7 2/3投球回、防御率2.35、被安打率11.74、奪三振率12.91、四死球率1.17

 

小林樹斗の特徴や投球動画をチェック!

小林樹斗のストレート!球速は急速にアップ

 

智辯和歌山高校入学時は130キロだったと言われる球速は、高校3年生にはなんと球速151キロに!

 

小林樹斗の制球力

小林樹斗さんのの最大の特徴は体の近くで高い位置から縦に腕を振り下ろすことができるところと言われています。

この点でブレが少なく安定したコントロールができるため、特に右打者のアウトローにしっかり投げ切れるという制球力を持っています。

 

小林樹斗の変化球

 

小林樹斗さんは、スライダー、フォーク、カーブ、スプリット、チェンジアップを投げ分けることができます。

 

最速152キロのストレート、そして多彩な変化球を投げ分けることにより三振を奪い抑えることができる魅力ある投手なんですね。

 

小林樹斗のスカウト評価は?指名の可能性はあるの?

小林樹斗さんは、現在多くの球団からの評価が高く、2020ドラフトの指名は確実と言えるでしょう。

中日・米村チーフスカウト

「スター性がある。低めにコントロールされて、四球の心配がない。下半身を使えるようになれば、もっと速くなる。大学、社会人を含めても1位候補。プロでも、早く出てくると思う」

 

オリックス・下山真二スカウト

「相手が直球だと分かっていても、まっすぐで空振りが取れる。低めにも投げられる。ワクワクさせてくれる投手だ」

 

阪神・和田豊球団テクニカルアドバイザー

「いいものを見たわ。三振を取りにいって取り切る。あれだけ腕を振ってコントロールがつくのは素晴らしいのひと言。球質が良く、後ろ(クローザー)の資質もある。ドラフト上位の投手だと思う」

 

巨人・岸敬祐スカウト

「プロ入り1年目の後半か、2年目から戦力になりそうな印象がある。まっすぐで空振りが取れるのが魅力」

 

日本ハム・林孝哉スカウト

「本塁ベース付近のボールが強い(球威がある)という特徴がある。この夏に向けて、状態がしっかり上がってきた。気持ちが入った投球で、中継ぎ、抑えタイプ」

 

楽天・敬アマチュアスカウトグループマネジャー

「先発より後ろの方が合っている気がする。伸びしろが大きい」

 

このように、各球団かなりの高評価で、ドラフト指名も上位が予想されます。

 

まとめ

まとめ

小林樹斗さんは、小林樹斗さんは智辯和歌山高校の投手で、高校でグングンと力をつけ甲子園に出場し最速152km/hのストレートを投げています。

 

各球団からの評価も高く、2020年ドラフトの注目選手ですね。

今後の活躍も楽しみです!

 

 

 

 

SNSボタン