話題

鬼滅の刃23巻(最終巻)のネタバレ!あらすじや感想もチェック!

鬼滅の刃 23巻 ネタバレ

今回は、鬼滅の刃23巻(最終巻)のネタバレやあらすじ、感想を紹介します。

 

無惨との戦いに決着がついたその後について描かれています。

ネタバレがあるので、まだ読んでいないという方はご注意くださいね!

 

 

鬼滅の刃23巻(最終巻)を無料で読む方法

」23巻はクランクイン!ビデオで読むことができます。

 

動画配信サービスであるクランクイン!ビデオなのですが、実はコミックも読むことができるんです。

 

グランクインビデオは、月額990円(税込)で毎月2,000ポイントがチャージされる月額プランを14日間無料で体験することができます。

会員登録時に月額プランを申込むことで、新規会員登録特典として1,000ポイントが付与されるので、合計3,000円分のポイントがチャージされます。

 

このポイントはコミックも共通なので、ポイントを利用して「 23巻」を読むことができるんです!

 

つまり、クランクインビデオでは、「 23巻」が実質無料ということになります。

 

 

⇒今すぐ「鬼滅の刃 23巻」をクランクイン!ビデオでチェック!

★クランクインビデオは無料期間中に解約すれば、料金はかかりません!

 

 

 

 

 

これまでのあらすじ

無惨の圧倒的な力の前に手も足も出なかった鬼殺隊であったが、伊黒が刀身を赤く染めた事により戦況が変化しだす。

柱がそれぞれの方法で刀身を赤く染め無惨を追い込んだかのように思われたが、柱敗れる。

 

カナヲの絶体絶命のピンチに炭次郎が現れ、夢の中の縁壱から伝えられた日の呼吸を再現する事に成功する。

不完全と思われていた日の呼吸だったが、無惨の細胞を珠世の4種類の効果のある薬が犯し追い詰めていく。

 

絶え間なく動く心臓や脳を目視できるようになり、炭次郎達の勝機が少しずつ見えてくるが夜明けを前に無惨が逃走を図る!

禰豆子が鬼から人間に戻ったころ、無惨は珠世の薬に苦しまされ、逃走さえも遮られてしまう!

 

果たして無惨を討ち取ることはできるのか!?

 

鬼滅の刃23巻(第197話)「執念」

強すぎる無惨に対抗するには、強くなるのではなく無惨を弱体化させればいい。

珠世が手段を選ばない攻撃が無惨を確実に弱らせていった。

 

しかし、無惨の攻撃により肺が潰れてしまった炭次郎は呼吸を上手く使えなくなってしまう。

伊之助や善逸が無惨に喰らい付くが、やはりあと一歩及ばない。

 

炭次郎は痙攣を止めるために自身の身体を日輪刀で突き刺す。

無惨は『潰しても死なない、何度でも立ち上がる。

私の息の根を止める瞬間まで。』と鬼殺隊の執念深さに恐怖を覚え始める。

 

鬼滅の刃23巻(第198話)「気付けば」

無惨を確実に追い詰め始める、炭次郎、伊之助、善逸だったがそれぞれ技を出すが威力が足りない…

不完全な技で無惨の足をなんとか止めようとするがあと一歩あと一歩のところでトドメをさすことが出来ずにいた。

 

しかし、お互いのピンチには自らを犠牲にし助け合う連携で柱達が戻ってくる時間を稼ぐことに成功する。

甘露寺が無惨の腕をちぎり、不死川が残った片手を切り裂く。

伊黒が炭次郎に向けられた攻撃を身を呈して防ぐと遂に夜明けが…

 

鬼滅の刃23巻(第199話)「千年の夜明け」

ついに無惨が日の元に晒される!!

身の危険を感じた無惨は肉の壁を作り太陽の光で焼き尽くされるのを防ぐが、鬼殺隊の総攻撃がはじまる。

 

本棚、車、電車使えるものは何でも使い無惨を逃さないように踏ん張る仲間たち。

しかし、足止めになった時間はわずか1秒ほど。

日の出まで時間が長い…

 

無惨は地面の中に潜り逃げようとするが、飲み込まれた炭次郎が赤い日輪刀の力で防ぐ。

さらに柱の限界を超えた猛追で無惨の逃走を防ぎ、無惨がチリになりはじめる!

 

鬼滅の刃23巻(第200話)「勝利の代償」

無惨が太陽の光によってチリとなって消えていく。

喜びを抑えきれない鬼殺隊たち。

 

しかし、悲鳴嶼は子供たちのところへ旅立ち伊黒と甘露寺は互いに生まれ変わったら結婚することを誓い倒れる。

 

不死川、伊之助、善逸、富岡は無事生還することができた。

炭次郎を探す富岡は半身が吹き飛び脈がない炭次郎を見つけ『また守れなかった』と地面に足をつき謝罪を繰り返す。

 

禰豆子は隠に炭次郎の容態を聞き、涙を堪えることが出来ず走り炭次郎の元へ行く。

 

 

⇒今すぐ「鬼滅の刃 23巻」をクランクイン!ビデオでチェック!

★クランクインビデオは無料期間中に解約すれば、料金はかかりません!

 

 

 

 

 

鬼滅の刃23巻(第201話)「鬼の王」

死んだかのように思われていた炭次郎だったが、無惨に鬼殺隊を殲滅するという想いを託され鬼の王として生きていた。

富岡の機転により隠を殺さずに済んだ炭次郎であったが、このままでは人を殺すと考えた富岡は炭次郎を殺す事を決める。

 

太陽の光で焼き殺すはずが、太陽を克服した炭次郎は富岡を手に掛けようとするが伊之助が止めに入る。

炭次郎の首を切ろうとする伊之助だが『誰かが道を踏み外しそうになったら皆で止めような』この約束を果たすため動くが、自分には出来ないと悟ってしまう。

 

涙を浮かべる伊之助に炭次郎の手が迫り来る…

 

鬼滅の刃23巻(第202話)「帰ろう」

伊之助と炭次郎の前に禰豆子が立ち塞がる。

 

しかし炭次郎は禰豆子の肩を喰いちぎり人間の血の味を覚えてしまう事に…

禰豆子の語りかけも鬼になった炭次郎には届かず、伊之助、善逸も語りかけるが自我を取り戻すことができない。

 

炭次郎が禰豆子を殺さない事に気付いた富岡は炭次郎の自我がまだ残っている事に気付きはじめる。

 

カナヲが胡蝶から預かっていた、鬼を人間に戻す薬を手に炭次郎の懐に迫り注射する事に成功するが、炭次郎の一撃で切り裂かれてしまう…

 

鬼滅の刃23巻(第203話)「数多の呼び水」

心の中で無惨に諭される炭次郎。

『お前だけ生き残るのか、大勢の者が死んだと言うのに。』

この言葉で一瞬眼の光を失いかけるが、仲間たちが背中を押し、禰豆子が手を引いてくれるのを感じる炭次郎。

 

そんな炭次郎に無惨は自分が叶えられなかった夢を叶えて欲しい。

究極の生物になる事を強要しようとするが、もはや炭次郎にその言葉は届くことがなかった。

 

目を覚ますと大勢の仲間が泣いて喜んでくれていた。

切り裂かれたカナヲも生きて、そして愈史郎も全てが終わった事を珠世に報告する。

 

鬼滅の刃23巻(第204話)「鬼のいない世界」

鬼のいない世界になり平和を取り戻した炭次郎たち。

炭次郎は愈史郎から自分がどれだけ運が良かったのか聞かされ称賛される。

そして柱が2人だけになってしまったことと、鬼がいなくなった事により鬼殺隊の解散が告げられる。

 

入院している鬼殺隊の元へ毎日のようにお見舞いに来てくれる仲間たち。

退院するころには亡くなった鬼殺隊の仲間たちへ花を添えに行き、炭次郎の実家へ向かう。

 

道中、三郎お爺さんにも出会い涙の再会を果たし家族の花も添える。

すると『おかえり』と炭次郎と禰豆子を迎える家族の声が聞こえた気がした。

 

いつまでも平和が続きますように…

 

鬼滅の刃23巻(第205話)「幾星霜を煌めく命」

時は過ぎ、鬼がいない世界が続く世の中。

炭次郎たちの生き写しかのようにも思えるひいひい孫達が生活する現代。

 

鬼である愈史郎は『山本愈史郎』として珠世の絵を描き続け世界的に注目される画家になったようだ。

 

善逸が書いたとされている小説は全て偽物だったと思われているが、義照の心には響いている。

 

炭次郎とカナヲが結婚し、善逸と禰豆子、伊之助とアオイが結婚している。

『人の人生は物語だから、人の数だけ物語があったんだ。』 人が生きているかぎり物語は終わらない。

 

鬼滅の刃23巻の感想

23巻は炭次郎、善逸、伊之助の友情を見ることが出来て本当に泣けます。

鬼になった炭次郎が伊之助に襲いかかりますが、伊之助は炭次郎の首を切ることが出来ませんでした。

 

無惨を倒すことは出来ましたが、多くの仲間を失ってしまいました。

しかし、鬼殺隊達の頑張りにより鬼のいない世界を迎えることが出来たのは良かったと思います。

 

それぞれが結婚し物語という形で鬼殺隊の話を伝え、後世に想いも繋がれていっていると感じることも出来ました。

 

 

⇒今すぐ「鬼滅の刃 23巻」をクランクイン!ビデオでチェック!

★クランクインビデオは無料期間中に解約すれば、料金はかかりません!

 

 

 

 

 

SNSボタン