話題

鬼滅の刃22巻のネタバレ!あらすじや感想もチェック!

鬼滅の刃 22巻 ネタバレ

今回は、22巻のネタバレやあらすじ、感想を紹介します。

 

22巻はVS無惨のラストスパート!

 

ネタバレがあるので、まだ読んでいないという方はご注意くださいね!

 

 

鬼滅の刃22巻を無料で読む方法

「鬼滅の刃」22巻はクランクイン!ビデオで読むことができます。

 

動画配信サービスであるクランクイン!ビデオなのですが、実はコミックも読むことができるんです。

 

グランクインビデオは、月額990円(税込)で毎月2,000ポイントがチャージされる月額プランを14日間無料で体験することができます。

会員登録時に月額プランを申込むことで、新規会員登録特典として1,000ポイントが付与されるので、合計3,000円分のポイントがチャージされます。

 

このポイントはコミックも共通なので、ポイントを利用して「鬼滅の刃 22巻」を読むことができるんです!

 

つまり、クランクインビデオでは、「鬼滅の刃 22巻」が実質無料ということになります。

 

 

⇒今すぐ「鬼滅の刃 22巻」をクランクイン!ビデオでチェック!

★クランクインビデオは無料期間中に解約すれば、料金はかかりません!

 

 

 

 

 

これまでのあらすじ

上弦の壱との死闘が遂に決着…

しかし、時透と玄弥を失ってしまった悲鳴嶼 行冥と不死川 実弥は悲しみにくれる。

 

一方、時透と玄弥の戦死の報告を受けた炭治郎はかつてないほどの怒りを鬼舞辻無惨に向ける。

 

冨岡 義勇と炭治郎がタッグを組み無惨に攻撃を仕掛けるが2人では歯が立たない…!

そこに無惨が死んだと言ったはずの伊黒 小芭内と甘露寺 蜜璃が戦いに参戦する!

 

愈史郎の支配と無惨の支配の勝敗は愈史郎に軍配が上がり無惨を地上に押し出すことに。

夜明けまでの時間は1時間30分。

『夜明けまで私をこの場に留めるつもりか。やれるものならやってみろ!』

無惨は自身の攻撃に鬼の血を混ぜて攻撃をすることにより炭治郎を戦闘不能にまで追い込む…

 

衝撃のラストバトルの結末は…!?

 

鬼滅の刃22巻(第188話)「悲痛な恋情」

捨て身の攻撃で仲間の役に立とうとする甘露寺だが、無惨の攻撃で致命傷を負ってしまう。

悲鳴嶼は攻撃を避けたはずの甘露寺が攻撃を受けたことに驚きを隠せない。

 

伊黒の手によって安全な場所に運ばれた甘露寺だが、伊黒が死のうとしていることに気づき止めるが虚しく去ってしまう。

『無惨を倒して死にたい。俺の汚い血が浄化されるよう祈る。』

自身が死にもう一度人間に生まれ変わることが出来たなら、甘露寺に好きと伝えたいと心に決めて伊黒は無惨の元へ再び…!!

 

鬼滅の刃22巻(第189話)「心強い仲間」

無惨の超速再生に対抗するために出来る限りのことをするが、1秒稼ぐだけでも一苦労。

たった1秒を稼ぐために鬼殺隊が自らの命を賭けなければいけないと伊黒は心を痛める。

冨岡さえも長時間の戦いにより握力を失ってしまう…

 

柱でさえも無惨の毒により5分の命とされていたが、珠世の残した血清により症状が緩和される!

伊黒は自らが無惨に有効な攻撃を与えていないことを理解し策を練る。

そこで起死回生の攻撃をするため伊黒は刀身を赤く染めようとする…!!

 

鬼滅の刃22巻(第190話)「ぞくぞくと」

刀身を赤く染めることに成功した伊黒であったが戦いの最中に失神をしかけていた。

そこに無惨の攻撃が容赦なく伊黒を襲うが、愈史郎の術により姿を消していた善逸、伊之助、カナヲに助けられる。

 

刀身を赤く染めた伊黒の攻撃が有効であることを察した柱等は自らの刀身を赤く染め上げる!

そこにカラスから夜明けまでの時刻が1時間3分であることが知らされた。

 

無惨を日の出まで留めることはできるのか…!?

鬼殺隊逆襲の一手が今始まる!!

 

 

⇒今すぐ「鬼滅の刃 23巻」をクランクイン!ビデオでチェック!

★クランクインビデオは無料期間中に解約すれば、料金はかかりません!

 

 

 

 

 

鬼滅の刃22巻(第191話)「どちらが鬼」

無惨の毒に侵された炭治郎の元に血清を持った愈史郎が処置を施す。

脈が戻ったかと思われたが、次第に弱まっていく。

 

『無惨が逃げちまうぞ。』

その一言で再び脈が激しく鼓動を打つ!!

 

一方、悲鳴嶼は無惨の心臓と脳が常に移動している事実を知り絶句する。

無惨の速さについて行くことが出来ず、カナヲ以外は吹き飛ばされてしまう。

 

カナヲも無惨の手により斬り伏せられるかと思われたその時…!

『ヒノカミ神楽 輝輝恩光』 炭治郎の猛追がはじまる!!

 

鬼滅の刃22巻(第192話)「廻る縁」

夢の中で炭治郎は炭吉の視点で縁壱の剣の型を見ていた。

縁壱から受け継いだ剣舞を炭吉は忘れることなく後世に繋いでいくことを誓う。

縁壱から受け取った耳飾りや日の呼吸を炭次郎が受け継ぎ再び無惨を追い詰めるところまできた。

縁壱が残した十三の型を完成させ自身が、地獄の苦しみを見ることを理解しながらも、今出来ることを精一杯やる。

 

『心を燃やせ、負けるな、折れるな』

縁壱や父親のような才能はないと認める炭次郎が無惨に縁壱の亡霊を映し出す!

全ての型を理解した炭次郎な勝機はあるのか!

 

鬼滅の刃22巻(第193話)「困難の扉が開き始める」

無惨は死の淵を回避するために、炭次郎が力の扉を開いたことを認める。

しかし、かつて戦った縁壱とは比べるまでもないと悟ってしまう。

 

炭次郎の動きが鈍くなり、決着するのも時間の問題だと考えていた無惨であったが自身の身体が老いていくことに気づく。

珠世と胡蝶 しのぶが共同で作った薬の効果により、無惨を九千年も老いさせる事に成功していた。

 

そして炭次郎の型が十二全て繋がるようになり夜明けまで続けることを誓う!

無惨と炭次郎どちらが最後まで立っていられるのか…!

 

鬼滅の刃22巻(第194話)「灼熱の傷」

最も戦闘力の高い悲鳴嶼がやられた事を危惧する愈史郎は、珠世に炭次郎を助けてくれと祈ることしかできない。

酸欠により視界がボヤけて無惨の攻撃が直撃するかのように思われたが、伊黒の助けにより間一髪助かる。

 

しかし、伊黒は両目の視力を失っており鏑丸を通して戦況を把握していた。

鏑丸が無惨の動きを予測して伊黒をサポートしていると縁壱に付けられた古傷が浮かび上がる!

炭次郎は瞬時にそこが無惨の脆い箇所だと判断し臨戦態勢に再びはいる!!

 

鬼滅の刃22巻(第195話)「めまぐるしく」

無惨の心臓や脳が動けば傷も共に動くため、透き通る世界を開眼させなくても急所が分かるように!

しかし、カラスの『夜明けまで40分』という情報により逃走を図る。

 

伊黒の目が見えれば…と思われたが、愈史郎の術により鏑丸と視覚を共有し再び無惨を追い詰める…!

 

一方そのころ、竈門 禰豆子は炭次郎の元へ近づこうとしていた。

無惨の血により鬼と化していた禰豆子であったが、片目が人間に戻っている。

珠世が使った鬼を人間に戻す薬が効いてきているようだ!

 

鬼滅の刃22巻(第196話)「私は」

禰豆子は炭次郎の元へ向かう途中で、無惨に家族を殺されたこと、鬼でいる間に色々な出会いがあった事を思い出す。

柱たちが致命傷を負っていようと再び戦地に足を踏み入れよとする事を感じ取った無惨。

 

カラスの『夜明けまで35分』 これ以上危険を犯すことはないと分裂して逃走を図るが珠世の薬によって分裂ができない…!

珠世が投与した薬の種類は4種類。

これらの薬が無惨を体内から蝕み、炭次郎たちは勝機を掴み取れるのだろうか!

 

鬼滅の刃22巻の感想

これまで特に目立った活躍をしていなかった、伊黒が1番活躍している巻です。

伊黒の甘露寺に対する恋心を描いているのも心に響きました。

そして、柱達が次々に刀身を明かすめて無惨に対抗するのもカッコよく描かれています。

 

珠世も無惨に敗れてしまって活躍する場が無くなったと思われましたが、珠世無くしては無惨をここまで追い詰めることは出来ませんでした。

珠世が作った薬は1種類の効果のみと思っていましたが、まさか4種類もあるには驚かされてしまいました!

 

最終巻に近付くにつれて予想外のことが多くありますので、次巻も楽しみにしたいと思います!

 

 

⇒今すぐ「鬼滅の刃 23巻」をクランクイン!ビデオでチェック!

★クランクインビデオは無料期間中に解約すれば、料金はかかりません!

 

 

 

 

 

SNSボタン