ドラマ

桂吉弥の経歴や本名!父親や結婚した妻・子供、高校や大学もチェック!

桂吉弥さんといえばラジオやドラマ、最近ではYouTubeも始めている話題の落語家です。

 

2020年11月から放送予定のNHKの朝の連続テレビ小説「」で、語りと黒衣を担当するという発表があったことでも注目を集めています。

 

ここでは、

  • 桂吉弥さんの経歴や本名!
  • 桂吉弥さんの父親
  • 桂吉弥さんの高校や大学はどこ?
  • 桂吉弥さんの結婚した妻や子供

についてまとめました。

 

 

桂吉弥さんの経歴や本名!

プロフィール

  • 名前:桂 吉弥 かつら きちや(本名:富谷 竜作)
  • 生年月日:1971年2月25日
  • 年齢:49歳(2020年9月現在)
  • 血液型:O型
  • 出身地:大阪府
  • 所属事務所:米朝事務所

桂吉弥さんの本名は富谷竜作さんです。

やさしい雰囲気とは違った強そうなお名前ですね。

 

大学を卒業後には、後に人間国宝に認定される桂米朝さんの自宅にて内弟子として住み込みの修行をしていらっしゃったようです。

 

内弟子時代を終えてからは、「ちりとてちん」や「まんぷく」などに朝ドラに多数出演。

俳優業だけでなくラジオパーソナリティやタレントとして幅広く活躍される落語家となっています。

 

桂吉弥さんの父親

家族

桂吉弥さんの父親は、大阪府立藤井寺支援学校の校長として定年までお勤めになられていました。

校長先生って凄い職業ですよね!

 

桂吉弥さん自身は

  • 小学校で児童会の会長
  • 中学校で生徒会長、ブラスバンド部で部長

を務めていらっしゃったようです。

 

人前に立って何でもやりたがる目立ちたがりの性格でしたとご自身でもお話されています。

 

ご両親とも支援学校の教員ということもあって、桂吉弥さん本人も教員を目指していたそうですよ。

 

桂吉弥さんの高校や大学はどこ?

学歴 高校 大学

桂吉弥さんは、大阪府立春日丘高等学校をご卒業されています。

偏差値が68と高い!

そして「自主、自立、自由」をモットーに、服装の自由化を実施しているそうです。

素晴らしい取り組みだと思います。

 

部活動にも力を入れているそうで、桂吉弥さんはサッカー部に所属していたよう。

この高校の出身者で有名なのは槇原敬之さんです。

 

確かに自由な雰囲気と頭の良さが出ているような気がしますね。

 

その後、神戸大学教育学部に進学。

この頃は教員を目指していたそうですが、教育実習で教員が負う責任の重さなどを体感したことがきっかけで、落語家への道を志すようになったそうです。

 

大学在学中には落語研究会に所属していたようで、落語会を見に行くうちに桂吉朝さんの落語に出会ったことも要因になっているようですよ。

 

桂吉弥さんの結婚した妻や子供

桂吉弥さんの妻は大学時代の落語研究会の1年先輩で、桂吉弥さんを会に勧誘していたそうです。

旧姓は新保でしたが、この結婚を機に富谷の姓を名乗ってらっしゃいます。

 

詳しいことは分かりませんでしたが、各家庭のご事情があるのでしょう。

 

子供は2人で、休日には家族ぐるみで桂吉弥さんが大好きなサザンオールスターズや星野源のコンサートや脱出ゲームへ参加した話をしていらっしゃいます。

かなり仲の良いご家族のようですね。

 

まとめ

まとめ

桂吉弥さんは、高学歴であることで弟子入りを反対されたこともあったそうですが、直向きな努力の結果、古典落語の持つ魅力を多くの人に広める落語家になられました。

 

今では、落語家として定期的に落語会を開いて活動するかたわら、NHKのテレビドラマにもたびたび出演。

「ちりとてちん」に出演してから高い知名度を得たことをきっかけに民法の情報番組にも多数出演しています。

 

また、ご自身がお好きだったというラジオのパーソナリティまで務めるというマルチな才能を発揮されている桂吉弥さん。

 

今後の活躍も楽しみに、注目しながら応援していきたいと思います。

 

 

 

 

 

SNSボタン