子育て

抱っこ紐比較!エルゴベビー&ベビービョルン実際に使いやすかったのは?

抱っこ紐 比較

抱っこ紐は、小さな子どものいるママにとっては毎日の必需品ですよね。

家の中でも外出先でも役立つアイテムです。

さまざまな種類のものがあって、初めて赤ちゃんが産まれるママはどんな抱っこ紐を選んだらよいか悩んでしまいませんか?

そこで今回は、長年世界中で愛用されている抱っこ紐のBEST 2

エルゴベビーベビービョルンを使ってみた私が勝手に比較してみました。

抱っこ紐を選ぶ時の参考にしてみてくださいね!

 

 抱っこ紐は寝かしつけやちょとした外出にも大活躍!

抱っこ紐 寝かしつけ

赤ちゃんや乳幼児がいるママの必需品である抱っこ紐は、

外出する時はもちろんのこと

家の中でも欠かすことができません。

 

ママは赤ちゃんのお世話だけではなく、

家事や生活用品の買い物まで大忙し

 

赤ちゃんがちょっとぐずった時、

お料理中で今手が離せない!!

なんてことありませんか?

 

外出の時、

ベビーカーが使えない場面もありますよね。

 

生活の中のあらゆるシーン

抱っこ紐は大活躍してくれるんです。

 

そんな抱っこ紐、

毎日使うものだから慎重に選びたいですよね。

 

現在、さまざまなメーカーから

いろんな種類の抱っこ紐が販売されていますが、

この中から私が使ったことのある

エルゴベビーベビービョルンをご紹介します。

 

人気の抱っこ紐エルゴベビーを使ってみた感想

抱っこ紐 エルゴベビー

赤ちゃんの首すわり以降から使用できる

エルゴベビーを試してみました。

 

エルゴベビーの抱っこ紐は、

世界中で販売されているハワイ生まれのブランド

 

エルゴベビーにはがっしりとした腰ベルトが装着されており、

体重の増えてきた子どもでも負担なく抱っこできます。

 

使用してみてまず驚いたことは、

子どもの体重が腰ベルトにかかることによって

肩の痛みがほとんどなくなることでした。

 

肩ベルトもクッション入り

太目な作りになっているため、

食い込むことがなくとっても楽でした。

 

また、オフィシャルサイトに

「人間工学専門家も認めた」と記載されているように、

抱っこした時に赤ちゃんが自然な姿勢を取れるせいか

抱っこ後ゆらゆらとあやすだけで

一瞬にして子どもが寝落ちしたことにはびっくり。

 

ただ、本体とベルトが離せないデザインになっているので

子どもを起こさないように前かがみでベッドに置いたあと、

抱っこ紐をそーっと全て子どもの体から取り外すのは

かなり至難の業でした。

 

けど、慣れれば簡単!

 

生後1歳半くらいになるまで

お昼寝の寝かしつけにはお世話になりました。

 

しかし、

あまりの快適さに子どもがエルゴ無しには寝られなくなる

という事態が発生したため、

1歳半を過ぎた頃から

ねんねトレーニングに非常に苦労しました(笑)。

 

寝かしつけの方法って、子どものその後の寝かたに

すごく影響する気がしました。

 

赤ちゃんの時に戻ってやり直せたら…

と感じる毎日です。

 

 

ベビービョルンを使ってみた感想

抱っこ紐 ベビービョルン

ベビービョルンは、

スウェーデン生まれのブランドです。

 

とにかくシンプルで

パパが使ってもスタイリッシュなデザイン

 

しかしデザインだけではありません。

 

私が使用していたのは、

首当てが付いた新生児から使用できる

ベビーキャリアオリジナル

 

このシリーズの一番の強みは、

本体と紐部分が簡単に取り外し可能

というところなんです。

 

両サイドのアジャスターを外すだけで

紐部分と本体を分離できるのがとっても機能的!

 

この機能のおかげで、

抱っこ中に寝てしまった赤ちゃんを

前かがみになりながらそーっとベッドに下ろし、

赤ちゃんを起こすことなく寝かしつけができるのです。

 

本体部分は

寝ている赤ちゃんの背中部分に

敷き布団のように置いたままで大丈夫。

 

うちの子どもは一歳を過ぎるまで

抱っこでしか寝てくれなかったので、

この抱っこ紐には一日に何度も助けられました。

 

しかし、

私が感じたベビーキャリアオリジナルの

唯一の難点はベルトでした。

 

背中でクロスし腰ベルトの無いデザインは

肩への負担がかなり大きく

子どもが6カ月を超えるくらいから

寝かしつけがかなり苦痛に…。

 

家の外にわざわざ出て

ゆらゆらとゆっくり数分歩き回らないと

昼寝をしてくれなかったので、

私の肩や腰への負担が大きくなってきたのです。

 

取り扱い仕様書には

約11㎏(生後14カ月まで)使用できると書いてありましたが、

3カ月ですでに6000gにまで成長した我が子に

使用するのは生後半年が限界だなと感じました。

 

抱っこ紐は使うシーンと月齢で選ぼう!

抱っこ紐 比較

エルゴベビーベビービョルン

2種類の抱っこ紐を使った経験がありますが

機能的には甲乙つけがたい!

というのが正直な感想です。

 

こちらの二種類ですが、

ポイントは赤ちゃんの成長によって

使い分けることではないでしょうか。

 

エルゴベビーの方は

インファントインサート

(首すわり前の赤ちゃんに使用するためのインナークッション)を

使用すれば新生児から使うことも可能です。

 

しかし、

ベルト取りはずし機能が

新生児の寝かしつけに非常に便利という理由では、

やはりママが一番最初に使用する抱っこ紐としては

ベビービョルン・ベビーキャリアがおすすめかなぁ。

 

そして首すわり後、

体重が重くなってきて抱っこが辛くなってきたママには、

ベルトのデザインによる体への負担軽減に非常にすぐれた

エルゴベビーを使い始めるのが私のおすすめです。

 

子供の成長にとっては短い期間だけど、

ママと赤ちゃんが毎日使用する大事な抱っこ紐

 

購入前にはお店で試すこともできますので

ぜひお気に入りを見つけて

快適なママライフを送ってくださいね!

SNSボタン