エンタメ

紅白歌合戦の歴代司会と勝敗は?

紅白歌合戦
紅白歌合戦

 

 

平成最後の大晦日

2018年12月31日(月)19:15~23:45

 

年末の恒例イベントである

『紅白歌合戦』が放送されます。

 

 

今年の総合司会は昨年に引き続き

ウッチャンナンチャンの内村光良さん

 

そして

紅組司会は女優の広瀬すずさん

白組司会は嵐の櫻井翔さんです。

 

 

広瀬すずさんは紅白の司会を務めるのは初めてで

 

櫻井翔さんは嵐としては2010年から連続5回

白組の司会を務めていますが

個人では初めてとなります。

 

 

ここでは2018年で第69回となる

非常に歴史がある『紅白歌合戦』

 

いったいどんな方たちが司会を務めてきたのか

そして勝敗はどうだったのかについてまとめていきます。

 

 

見逃し配信バナー [maxbutton id=”4″]

 

 

第1~69回の総合司会者と紅白の司会者、勝敗まとめ

 

紅白歌合戦歴代司会者と勝敗まとめ

 

[table id=11 /]

 

※2005年は紅白の枠関係なし

 

 

歴代総合司会回数ランキング

 

歴代総合司会

 

1位 石井鐘三郎   13回

 

元NHKアナウンサーで

 

1954~1960年の連続7回

1962~1967年の連続6回

 

合計13回『NHK紅白歌合戦』で

総合司会を担当しています。

 

 

連続回数、通算回数ともに

最長・最多記録です。

 

 

こんなにたくさんの回数だと

今後もなかなか記録を破ることは

難しそうですよね。

 

 

 

2位 宮本隆治     6回

宮本隆二

元NHKアナウンサーで

その時代に紅白歌合戦など音楽番組の

司会経験が豊富だったので

 

フリーに転身した後も

歌謡番組の司会を務めることが多いです。

 

 

 

3位 相川浩      4回

 

元NHKアナウンサーで

夏の紅白とも称される『思い出のメロディー』では

通算12回司会を担当司し、司会の最多記録となっている。

 

 

 

 3位 有働由美子      4回

有働由美子

 

 

  • 『NHKニュースおはよう日本』から始まり
  • 『サタデースポーツ』
  • 『サンデースポーツ』
  • オリンピックの中継
  • 『NHKニュース10』
  • 『あさイチ』

など

多くの番組でキャスターを務めてきました。

 

 

 

    山川静夫     4回

山川静雄

 

元NHKアナウンサーで、

 

NHK紅白歌合戦の司会を

白組司会・総合司会・進行役

全て含めると、通算14回担当しています。

 

 

 

総合司会はNHKアナウンサー!?

 

ちなみに3位までに入った全員

元NHKアナウンサー

 

総合司会者を2018年の内村光良さんのように

アナウンサー以外の方が担当するのは

とてもめずらしいことのようですね!

 

 

 

紅組司会回数ランキング

 

紅組司会

 

1位 黒柳徹子   5回

黒柳徹子

テレビ朝日の『徹子の部屋』の司会

『窓際のトットちゃん』で有名です。

 

 

私の印象に最も残っているのは

『世界ふしぎ発見!』に出演している

黒柳徹子さんです。

 

 

 

佐良直美     5回

さらなおみ

 

紅白歌合戦の紅組司会としては

1972年、1974年- 1977年まで4年連続で担当。

 

 

歴代紅組司会者では黒柳徹子さんと並んで

最多記録となる通算5回担当しています。

 

 

また歌手としても

1967年- 1979年まで13回連続出場しています。

 

 

 

2位  水前寺清子  4回

水前寺清子

 

紅白歌合戦の司会者は4回担当。

 

 

歌手としては1965年‐1986年まで

連続22回出場しています。

 

 

 

 仲間由紀恵  4回

仲間由紀恵

 

仲間由紀恵さんといえば

『TRICK』や『ごくせん』のイメージですよね!

 

 

2005年‐2006年と2008年‐2009年に

紅白歌合戦の紅組司会をされました。

 

 

 

3位  有働由美子     3回

有働由美子

 

元NHKアナウンサー。

 

『NHK紅白歌合戦』では2001年 – 2003年まで

紅組司会を担当した他、

 

総合司会も4回担当しています。

 

 

 

 

 久保純子   3回

久保純子

 

元NHKアナウンサー。

 

NHKでは珍しく「アイドルアナウンサー」

と称されていました。

 

紅白歌合戦では1998年‐2000年に

連続3回紅組の司会をされました。

 

 

 

森光子    3回

森光子

 

森光子さんといえばやはり『放浪記』ですよね!

 

 

「日本のお母さん」と言われ

日本を代表するお母さん女優として有名でした。

 

 

紅白歌合戦の司会もされたことがあるなんて

驚きでした!

 

 

 

 和田アキ子  3回

和田アキ子

 

紅白歌合戦の司会としては

3回の担当ですが、

 

歌手としては

1970年‐1978年の連続9年、

1986年‐2015年の連続20年出場

という大記録をお持ちです!

 

 

 

 

 中村メイ子  3回

中村メイコ

 

2歳の時に「天才子役」として

映画デビューされています。

 

 

NHK紅白歌合戦では

1959年から1961年まで3年連続で

紅組司会を務めています。

 

 

 

紅組司会

 

紅組の司会者は飛びぬけて回数が多い

という方はおらず、混戦となりました!

 

 

ちなみに連続回数でも

1位の黒柳徹子さんと佐良直美さんが4回と

まったく一緒の結果でした。

 

 

 

白組司会回数ランキング

 

白組司会

 

1位  宮田輝   11回

 

宮田輝

 

元NHKアナウンサー。

 

NHK退職後は参加議員議員として3期務め

その間フリーアナウンサーとしても

活躍されていたようです。

 

 

NHK紅白歌合戦では、1953年、過去2回の担当者で

先輩の藤倉修一の海外出張に伴うピンチヒッターとして

初めて白組司会を担当し

 

それ以来、1973年まで通算15回に渡り

紅組・白組・総合の全ての司会を担当されています。

 

 

 

2位  高橋圭三  9回

 

高橋圭三

元NHKアナウンサー。

 

NHKを経て日本初のフリーアナウンサーへ

転身した方です。

 

 

また、1位の宮田輝さん同様

参議院議員も務めています。

 

 

 

 山川静夫  9回

 

山川静雄

 

元NHKアナウンサーで、

 

NHK紅白歌合戦の司会を

白組司会・総合司会・進行役

全て含めると、通算14回担当しています。

 

 

 

3位  嵐     5回

 

嵐

 

 

1995年に結成されたジャニーズ事務所の

アイドルグループです。

 

 

グループでの活動はもちろん

個人でも5人とも活躍されています。

 

 

紅白歌合戦では白組司会を5回務めていますが

歌手としても2009年から現在(2018年)まで

連続10回の出場が決まっています。

 

 

 

白組司会

 

白組の司会は紅組よりも

同じ人が長く担当している傾向がありますね!

 

 

ちなみに3位の嵐は2016年から

相葉雅紀さん、二宮和也さん、櫻井翔さんと

 

個人でも3年連続で担当になっていますし

出場もしているので

 

近年の紅白歌合戦で嵐の姿を見ないことは

ほとんどありませんよね!

 

 

 

優勝回数

 

紅組 31回

白組 37回

 

となっていて

全68回では白組の方が多く勝っていますね!

 

 

そして、第69回となる2018年の結果は

白組の勝利!!

 

 

優勝回数

  • 紅組 31回
  • 白組 38回

となり、白組がまた一歩リードする形になりましたね!

 

見逃し配信バナー [maxbutton id=”4″]