ドラマ

ビューティフルライフ全話のあらすじ!常盤貴子出演のドラマの内容は?

ビューティフルライフ

 

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)

~ふたりでいた日々~』

 

2000年1月期にTBSの日曜劇場で放送されていた

大ヒットドラマ

 

毎週欠かさず見てました(涙)。

 

主演は木村拓哉常盤貴子でしたね。

 

ドラマのお話は

腕はあるが人気のない美容師の男性と

難病に侵され車いすでの生活を強いられながらも

健気に生きる図書館司書の女性を描くラブストーリーです。

 

 

ここでは私の大好きだった

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)

~ふたりでいた日々~』

あらすじやキャスト、視聴率を

懐かしみながらまとめてみました!

 

 

主演の常盤貴子が2019年1月

TBS日曜劇場で19年ぶりに主演をつとめた

『グッドワイフ』

 

>>『グッドワイフ』豪華キャストの日曜劇場!あらすじまとめ

 

こちらを見てみて下さいね!

 

 

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)~ふたりでいた日々~』のあらすじ

 

ビューティフルライフのあらすじ

 

第1話「車イスの恋」

 

バイクに乗っていた柊二(木村拓哉)

赤い車の窓から突然手が出てきて

危うくバランスを崩しそうになる。

 

車の中を覗くと

クシャクシャパーマにサングラスをかけた

杏子(常盤貴子)がいた。

 

二人が図書館に着くと

杏子が「セカンドマイカー」と言い

車椅子に乗って中に入っていき

柊二は彼女が障がい者であることを知る。

 

柊二は杏子が障がい者であることを知っても

全く態度を変えることなく自分を対等に扱ってくれる

心のバリアフリー」だと兄の正夫(渡部篤郎)に話した。

 

柊二は勤める美容室で店の代表として

カットモデルの写真を雑誌に掲載することになる。

 

柊二は杏子にカットモデルを頼み

雑誌に取り上げられる。

 

雑誌に載ったら二人でお祝いしよう

と約束していたが

 

その雑誌に掲載された見出しは

“車椅子の私もカリスマ美容師に”

 

杏子は自分が車椅子であることを

利用されたと柊二を責める。

 

柊二は約束の場所で杏子を待ち続け

雨の降る中、杏子が柊二の前に現れる。

 

 

第二話 二人の夢

 

杏子の勤める図書館に

和服姿の上品な女性が現れる。

 

杏子に柊二がよく来るか尋ねるその女性は

柊二の母親だった。

 

柊二の実家は病院

院長の息子が大学も行かずに美容師をしていることを

快く思っていなかった母親と

 

柊二は3年ぶりに話しをした。

 

杏子にカットモデルを頼み

雑誌に大きく取り上げられたのを

母親は見たようだった。

 

柊二が図書館に忘れたデザイン画を届けるため

杏子は柊二が努める美容室「ホットリップ」へ向かう。

 

あいにく定休日だったが

たまたまいた柊二のライバルである悟に

柊二のデザインを預け

 

悟は柊二のデザインを写真に収めて盗む。

 

悟は杏子を追いかけて

柊二のデザインを自宅に届けてあげるよう薦める。

 

杏子が差し入れを持って柊二の自宅へ向かうと

柊二が元恋人であり同僚である女性と

マンションから出てくる姿を見てしまう

 

 

第三話 キスの夜

 

車に戻ろうとする杏子に

柊二は慌てて近寄り

 

杏子が差し入れに買った牛丼を

一緒に食べようと言うも

 

杏子は忘れたデザインを渡すと

車を出した。

 

その後、柊二のデザインで雑誌の取材を受ける悟

気付いた柊二の元彼女・真弓

 

「アンタのせいよ!」とデザイン画を

他人に見せた杏子をなじる。

 

責任を感じた杏子は

図書館の同僚と街へ出て写真を撮り

 

「私たちのなりたい髪型」と題した

スクラップを作ったり

 

昔の映画をダビングしたりして

柊二の参考になればと届ける。

 

その資料を参考に

柊二の新しいデザインが決まる

 

2人はお祝いに飲みに出かける。

 

杏子は罪悪感

真弓と柊二の関係への疑惑に揺れていたが

 

飲んだ帰りに柊二の家でトイレを借り

以前自分が欲しいと言っていた

赤い靴があることに気がつく。

 

渡す機会がなかった、と言う柊二に

何で優しくするの?」と杏子は尋ねた。

 

柊二は、「気になるから」と答え

杏子に優しくキスをして抱きしめる。

 

 

第四話 会いたい

 

杏子は柊二に何も告げず

ボランティアの人たちと一緒にアメリカへ旅行に行く

 

杏子の旅行中に兄の正夫はお見合い相手と上手くいき

杏子の帰国後に2度目のデートをするが

 

妹が車椅子だということを知り

相手から縁談の断りがある。

 

その話を偶然杏子の親友であるさちが聞いてしまい

正夫は杏子に言わないよう頼む。

 

さちは「そんなこと言うわけない」と言い

正夫に気があるようほのめかす。

 

柊二は帰国した杏子に

自分に何も言わずに旅行へ行ったことを責める

 

自分のせいで兄の縁談がダメになったことを知り

杏子は卑屈になって柊二に冷たい態度をとる。

 

さちは柊二に事情を話し

杏子の気持ちを分かってもらえるよう頼む。

 

休日に柊二は杏子をドライブに誘う。

 

杏子は、柊二がいる家の近くの公園まで

10分で行くことを約束し家を出る。

 

しかし、工事中で通行止めになっていたり

車をよけるため車椅子をバックさせた際に

 

車輪がすきまに挟まって動けなくなったり

大分遅くなってしまう。

 

柊二の元へたどり着いた杏子は

お化粧をしていて遅くなった」と話す。

 

柊二は杏子の頬が冷たいことに気がつき

 

杏子が本当のことを言うと

柊二は杏子に携帯の番号を教える。

 

 

第五話 冷たい雨

 

柊二は雑誌に取材されたり

有名女優に指名されたり

 

大忙し杏子とはすれ違いの日々が続く。

 

そんな柊二を見て

なんか違うみたい、住む世界

杏子は不安に思う。

 

2人は何かとぶつかっていたが

ある日ボランティアさんが連れてきた

 

同じ車椅子生活を送る同窓生

てっちゃんと杏子は再会する。

 

すっかり意気投合して楽しそうな2人の姿を見て

柊二は声をかけずに図書館を後にする。

 

そんな中、柊二の勤める美容室が

ライブハウスでカットショーを開催

することになるが

 

美容師はお客様の髪を切ることが仕事で

ショートして見せることではないと柊二は主張。

 

職場でひとり浮いてしまう柊二だが

結局ショーに参加することになる。

 

ショーの当日、クライマックスになり

「カットモデルをお互いに選びあって

その場で腕を競おう」と悟が突然柊二にけしかける

 

悟は帰ろうとしていた杏子を

柊二のカットモデルに選ぶ

 

 

第六話 恋敵

 

指名されてステージに上げられた杏子

帰ろうとしてステージから落ちそうになる。

 

助けようとした柊二は手を負傷してしまい

真弓に責められる。

 

杏子はてっちゃんと再会し

柊二と自分ではお互いダメなのではないか

と心が揺れる。

 

負傷した柊二は

杏子の不自由さを身をもって知る。

 

原因である悟は杏子に謝罪する。

 

そして柊二にも

実力のあるお前と自分を比べて

ずっとイライラしてきた

ということを伝える。

 

その後柊二はスカウトされる。

 

杏子と柊二の関係はぎこちなく

見かねたさちが

 

2人を遊園地で引き合わせて

仲直りさせる。

 

しかし

杏子はてっちゃんからプロポーズされ

柊二にはかつての憧れの女性さつきが接近してくる。

 

 

第七話 心の距離

 

「私ね、彼ができたらやってみたいことがあったんだ」

 

杏子は初めて無断外泊をして

ついに柊二の家に泊まり、家族は大騒ぎ

 

杏子は柊二を家族に紹介することになった。

 

そこで兄・正夫は柊二に

「結婚を考えているのか」を聞いてしまい

気まずい雰囲気になる。

 

母は杏子が以前より明るくなったことで

柊二との仲を認めていた

 

兄は反対し、杏子と別れるよう柊二に話す。

 

その矢先、柊二はさつきが離婚を考えて

柊二に励ましてもらおうと会いに来た。

 

2人乗りして海に向かうのを見た

杏子は不安になる。

 

その後、離婚を言い出した夫と

けんかしたさつき

柊二のアパートに来る

 

柊二はさつきを抱き寄せる。

 

 

第八話 真実

 

さつきの職場をさちと一緒に訪れた杏子

さつきに気を取られ、車椅子ごと転倒

 

腕に怪我をし入院してしまう。

 

レントゲンの結果は大したことがなかったが

正夫はさつきのことを知ってしまい

 

病院に駆け付けた柊二に

冷たい態度をとる。

 

柊二は杏子の家に電話をかけるが

正夫は取り次いでくれない。

 

杏子もそっけない態度をとったまま

従姉妹の家へ療養に行くことになる。

 

人を好きになると、人って弱くなるね
涙が止まらない杏子。

 

一方柊二は

杏子の母から彼女の生きられる確立は

43分の13だと聞かされる。

 

田舎にこもっている杏子の元へ柊二はかけつけ

それでも杏子をあきらめることは出来ない

と告げる。

 

その夜

さつきが柊二にやり直そうと言うが

柊二はきっぱりと断る

 

 

第九話 君の命

 

柊二の部屋の鍵をもらい

さちに自慢してゴキゲンの杏子

 

さちも正夫から指輪をプレゼントされ

幸せいっぱい。

 

ようやく2人に平穏な時が訪れたように見えたが

杏子の寿命が残り少ないことが判明する。

 

「覚悟ができている」

と、平静に受けとめているかに見えた杏子だったが

家を飛び出し姿を消してしまう

 

連絡を受けた柊二はバイクを走らせ

杏子を探しに向かう

 

杏子を見つけた柊二は

「お前が死んだら俺も死ぬ」

 

杏子を抱きしめた。

 

 

第十話 恋しくて

 

あの夜以来柊二は仕事に集中できず

カット中にお客さんの耳に傷つけてしまう。

 

さちは正夫に妊娠したことを告げるも

正夫は杏子のことを思って喜べず

結婚は待ってほしいと話す。

 

さちから妊娠したことを聞いた杏子は

喜び、正夫の発言は自分の病気のせいだと話す。

 

柊二の勤める美容室・ホットリップ

業績悪化で倒産する。

 

柊二は町田家を訪れ

杏子との交際を認めて欲しいとお願いする。

 

正夫は変わらず頑なだが

家族と柊二と一緒にすき焼きを食べ

 

嬉しそうな杏子の笑顔に

複雑な気持になる。

 

 

杏子は再検査の結果、悪性であり

そのまま入院することになる。

 

杏子は

「あなたなんかに会わなければよかった。

死ぬのが辛くなる」と柊二の前で泣く

 

柊二は杏子に

「これから二人で頑張ろう」と励ます

 

2人はより強く心を寄せていく

 

眠れぬ夜

病院を抜け出し、柊二の部屋に向かった杏子。

 

柊二に「抱いて欲しい」と言う。

 

柊二は躊躇しつつもうなづき

杏子をベッドに運びキスをした。

 

 

最終話 未来へ

 

一晩一緒に過ごした二人だったが

柊二はホットリップが倒産したことを

杏子に言い出せなかった。

 

翌日、杏子は柊二に

正夫とさちのためにパーティーを開きたいと話す。

 

町田家でパーティは開催される。

杏子の母は、娘の病気を知っても

変わらない柊二に感謝していた。

 

一方柊二の部屋に悟が訪れ

自分の勤める店への就職を勧める。

 

杏子と柊二は一緒に暮しはじめる

 

杏子はホットリップが倒産したことを知った

ことを柊二に話し

 

自分も生きるから、柊二にも生きて欲しい

と励ます。

 

柊二は仕事を始め、杏子は家事をする。

 

しかし杏子の病状は重くなっていき

やがて倒れ、再入院することになった。

 

夜病室に来た柊二に

私の分まで柊二には生きて欲しい

と杏子は言う。

 

それを聞いた柊二

病院の屋上で、一人涙する

 

柊二のショー当日

病院に正夫とさちが迎えに行くと

杏子は意識を失っている。

 

意識を取り戻した杏子は

「アタシと柊二の最後の夢だから」

と言いどうしてもショーに行きたいと話す。

 

杏子は正夫、さちとショーの客席に着き

柊二の仕事ぶりを見つめる。

 

ショーの途中で杏子は意識を失った

 

ショーが終わり

杏子が倒れたことを知った柊二は

会場から走り出す。

 

ちょうど救急車が出るところだった。

 

救急車の中で杏子は

「良かったよ、コレクション。

色々ゴメンネ、ありがとう」

 

そう言って目を閉じた

 

 

もう一度見てみたくなりましたが

調べてみると現在はU-NEXTなどの

ビデオオンデマンドでは配信されていませんでした。

 

 

ビューティフルライフ ふたりでいた日々

のDVD-BOXなら全話を見ることが出来そうです。

 

 

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)~ふたりでいた日々~』のキャスト

 

沖島修二(木村拓哉)

 

医師一家に生まれながら

医師とは全く関係のない美容師の道を歩む

主人公の沖島柊二。

 

有名店「ホットリップ」に勤め

一流の技術を持っている

顧客からは今一人気がない。

 

 

杏子と出逢い、障害者とわかっても

全く偏見を持たずに自然体で接する

「心のバリアフリー」

 

 

 

町田杏子(常盤貴子)

 

「宮の森図書館」で司書として

明るく働いている。

 

17歳の時に難病に侵され

10年以上車椅子での生活を余儀なくされている。

 

そんな境遇でも、常に前向きでポジティブだが

実は内面は病気との闘いに悩む繊細な一面もある。

 

柊二と出逢ったことで

内面の痛みが癒され、変わっていく。

 

 

 

田村佐千絵(水野美紀)

 

杏子と同じく「宮の森図書館」で働く同僚

プライベートでも杏子のよき理解者で親友

 

杏子と柊二の恋を陰ながら応援している。

 

その一方

杏子の兄・町田正夫に思いを寄せている

 

 

 

美山耕三(的場浩司)

 

障害者のボランティアスタッフ

 

杏子に好意を持ち、何かと世話をするが

杏子からは冷たくあしらわれる。

 

 

 

岡部巧(池内博之)

 

柊二が働く美容室「ホットリップ」の後輩

アシスタントをしている。

 

柊二に憧れ尊敬しており

スタイリストになるべく頑張っている。

 

 

 

川村悟(西川貴教)

 

美容室「ホットリップ」で柊二と同期

 

顧客から人気があるが

柊二にライバル心を抱き

裏で柊二に様々な策略を仕掛けて邪魔をしてくる。

 

 

 

町田正夫(渡部篤郎)

 

実家の酒屋を継いでいる杏子の兄

 

妹の杏子を大切にするがゆえ

最初は柊二との交際に反対していたが

 

次第に柊二の杏子への思いを認め

最後は柊二に感謝の気持ちを伝える。

 

 

 

さつき(小雪)

 

第6話から登場する。

 

柊二と予備校時代に同級生

柊二の思い人。

 

街で偶然再会した時

さつきは夫と離婚調停中

 

 

 

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)~ふたりでいた日々~』の主題歌

 

今夜月の見える丘に ジャケット

 

今夜月の見える丘に(B’z)

 

この曲を聞くとドラマが思い浮かぶ!

 

というくらい印象に残っていますね~。

 

 

 

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)~ふたりでいた日々~』の放送概要

 

放送概要

 

放送日程:2000年1月16日~3月26日(全11回)

毎週日曜日21:00 – 21:54

 

放送局 TBS系列

 

視聴率 平均 32.3%

最高 41.3%(最終話)

 

 

 

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)~ふたりでいた日々~』を見る方法

 

見る方法は?

 

現在はVODサービスでの配信はされていないので

 

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)

~ふたりでいた日々~』

を見るにはレンタルになってしまいます。

 

 

2019年1月~TBSの日曜劇場で常盤貴子主演

『グッドワイフ』というドラマが放送されることになり

 

今後配信されることを期待しています。

 

 

TBSのドラマを見るなら

ビデオパスがオススメ!

 

 

月額562円(税込606円)

見放題

 

初回登録から30日間の無料お試しもあって

とってもお得ですよ!