子どもと遊ぶ PR

ディズニーに必要なものや禁止の持ち物&子連れが持って行くと便利なもの

ディズニーリゾートに行くことが決まったら、何を持って行こうかと考えるその時間も楽しいものです。

 

「あれは持って行ったほうが良いかな?」

「本当に必要なものって何だろう」

など、ディズニーへの持ち物に迷ってしまうこともあるかもしれませんね。

 

我が家は1年に1度ディズニー旅行を楽しんでいますが、自分にとって必要なものが定着するまでに数年かかりました。

 

私の経験を踏まえ、これからディズニーリゾートに遊びに行く人のために、ディズニーに必要なものをご紹介します。

併せて持ち込みが禁止されているものもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ディズニーに絶対必要なもの

 

ディズニーへの持ち物は、あれもこれも必要に思えて結果的に大荷物になってしまうことがあります。

まずは、忘れてはいけない絶対に必要なものからチェックしてみましょう!

 

絶対に必要なものは次のとおり。

  • パークチケット
  • 現金
  • クレジットカード
  • スマートフォン
  • ハンカチやタオル
  • ティッシュやウェットティッシュ

 

これらさえ持っていれば正直なんとかなります!

 

ここ数年、パークチケットは現地での販売は行っていないため、事前に準備しておく必要があります。

 

当日でも購入が可能ですが、アプリや公式サイトからの購入が必要なので、事前に購入しておいたほうが安心ですよ。

 

ディズニーホテルに宿泊する人は、当日でもホテルのフロントでチケットの購入が可能です。

 

また、現金は必須

キャッシュレス決済はクレジットカード、電子マネー、デビットカード、プリペイドカードのみでQRコード決済は使えないため、ある程度現金は持ち合わせておきましょう。

 

ディズニーであると便利な持ち物

 

必ずしも必要なものではないけれど、あると便利なものもいくつかあります。

 

ディズニーに持って行くと便利なものは次のとおり。

  • モバイルバッテリー
  • 腕時計
  • ビニール袋やジップ付きの保存袋
  • エコバッグ
  • レジャーシート

 

最近のディズニーはアプリを活用するシーンが多いため、あっという間にスマートフォンの充電がなくなってしまうこともしばしば。

そんなときにモバイルバッテリーがあるととっても便利です。

 

 

モバイルバッテリーはパーク内で貸し出しも行っているので、荷物を減らすためにそういったサービスを利用するのも一つの方法ですね。

 

ビニール袋やエコバッグもあるととっても便利。

ディズニーリゾートではお買い物袋が有料になったので、購入したものを入れるエコバッグを一つは持って行くのがおすすめです。

 

個人的におすすめなのは、ジップ付きの保存袋。

小物の整理や汚れ物を入れるのにも使えますが、ポップコーンを入れるのに重宝します。

レギュラーサイズのポップコーンだとアトラクションに乗るときに困ってしまいますが、ジップ付きの保存袋に入れればカバンにしまっておけるのでとっても便利ですよ。

 

ディズニーの持ち物【子連れの必需品】

 

子どもと一緒にディズニーリゾートを楽しむ場合、どうしても荷物は多くなってしまいますよね。

 

子連れでディズニーに行く際の必需品は次のとおり。

  • おむつやおしりふき
  • 着替え
  • 時間つぶしができるおもちゃ
  • お菓子
  • 抱っこ紐
  • ベビーカー

 

おむつやおしりふき、着替えは年齢に合わせて少し多めに持ち合わせるのがおすすめ。

 

ムーニー おしりふき やわらか素材 詰替(76枚*40個入)【ムーニー】

 

ちょっとしたお菓子やおもちゃも、スタンバイの時間つぶしに使えるので用意しておきましょう。

 

パーク内はベビーカーを活用することを想定していても、子どもはいつ・どのタイミングで「抱っこ」というかわかりません。

抱っこ紐も用意しておくと安心ですよ。

 

 

ディズニーの持ち物【女子の必需品】

 

ディズニーでは思いっきりおしゃれを楽しみたいという女子も、何かと荷物が増えがち。

 

女子の必需品は次のとおり。

  • ミラーやコーム
  • メイク直しシートやミスト
  • リップクリームやハンドクリーム
  • 口紅
  • 日焼け止め

 

女子のパーク内の楽しみといえば、写真を撮ることですよね。

写真を撮る前に身だしなみを整えたいと思っている人も多いため、ミラーやコームは必須です。

 

また、すぐにメイク直しができないときも、口紅だけこまめに塗りなおすだけで顔が華やかに見えるので、お気に入りの口紅を1本用意しておくのがおすすめです。

 

【P5倍 12/4 20:00~12/11 1:59迄】【2本セット】Ririmew リリミュウ センシュアルフィックスティント/ミューテッドシアーティント 指原莉乃プロデュースコスメ

 

ディズニーに季節や気候で必要なもの

ディズニーリゾートへの持ち物は、季節や気候によって必要なものが変わってきます。

ここでは、季節や気候別に必要なものを見ていきましょう。

 

冬の持ち物

 

冬のディズニーは晴れている日が多いですが、海が近い立地のため体感温度はかなり低め。

防寒対策をしっかり行っていることを前提に、次の持ち物を用意すると安心ですよ。

 

  • カイロ
  • ブランケット
  • 厚手のレジャーシート

 

カイロは、貼るタイプと貼らないタイプの両方を用意しておくのがおすすめ。

朝から夜までパークを楽しむ場合、予備のカイロをいくつか持って行きましょう。

 

 

また、パーク内でパレード待ちをする場合、薄いレジャーシートだと足元から冷えてくるため、厚めのレジャーシートを持って行きましょう。

 

ブランケットも防寒対策に使えるので用意してくださいね。

 

夏の持ち物

ここ数年、夏のディズニーはかなり暑さが厳しくなっています。

 

夏のディズニーの必需品は次のとおり。

  • ハンディファン
  • ネッククーラー
  • 帽子やサングラス
  • 日傘
  • 日焼け止め

 

ハンディファンは多くのゲストが持っていて、夏のディズニーには必需品といえますね。

 

 

帽子やサングラス、日傘といった日焼け対策グッズも持って行きましょう。

 

これらはパーク内でも購入できるので、おみやげとしてパーク内で調達しても良いかもしれませんね。

 

雨の日の持ち物

 

せっかくのディズニー旅行、できれば天気に恵まれてほしいというのが本音です。

しかし、日によっては雨が降ってしまうこともあるでしょう。

 

雨の日のディズニーの必需品は次のとおり。

  • レインコート
  • レインブーツ
  • タオル

 

傘は、朝から土砂降りのことが確定しているときは大きめのものを、雨予報でまだ降っていないときは折りたたみを用意しておくと安心。

雨予報でなくても、折りたたみ傘は常備しておくと突然の雨のときにも活躍しますよ。

 

 

また、傘は邪魔になるシーンもあるので、そんなときはレインコートがおすすめです。

足元まですっぽり隠れるサイズ感のレインコートを用意しましょう。

 

ディズニーへの持ち物で禁止されているもの

ディズニーリゾートでは、持ち込みが禁止されているものもあります。

「知らなかった」とならないように、事前に禁止アイテムはチェックしておきたいところ。

 

持ち込みが禁止されているアイテムは次のとおり。

  • 危険物
  • ドローンやラジコン
  • カン・ビン・酒類
  • 持参した食べ物
  • ハードケースやスーツケース、キャリーケース
  • ペットや動物

 

そのほかに、ディズニーリゾート内の営業や運営の妨げになったり、ほかのゲストの迷惑となる恐れのあるものの持ち込みは禁止です。

 

また、一脚や三脚、自撮り棒など撮影機器の使用はできませんが、片手で収まるハンドサイズのものなら使用可能とのこと。

撮影に関してもルールを守って楽しみたいですね!

 

ディズニーに必要なものまとめ

UnsplashBrian McGowanが撮影した写真

 

ディズニーリゾートで必要なものはいくつかありますが、とりあえずパークチケットと現金があればOK!

あとは必要に応じて、モバイルバッテリーやレジャーシートなどを用意しましょう。

 

パーク内で購入できるアイテムもたくさんあるので、うっかり忘れてしまっても現地調達できないか確認してみると良いですよ。

また、季節や気候に合わせて持ち物を変えるのもポイントです。

 

写真をメインに楽しみたいならカメラ、おしゃれを楽しみたいならカチューシャやサングラスなども用意してくださいね。

 

自分に合ったものを持って行くことで、よりディズニーを楽しめるはずですよ。