子どもと遊ぶ PR

子供の日焼けを戻す方法!戻らない時は日焼け後アフターケアで何を塗る?

夏に外で遊ぶと子供は日焼けしてしまいますよね。

 

子供が日焼けしてしまったら、

  • どれくらいで戻るのか
  • 早く戻すにはどうしたらいいのか

悩みますよね。

 

また、戻らない時や日焼け後のアフターケアで何を塗ると良いのかも気になるところです。

 

この記事では、

  • 子供の日焼けを早く戻す方法
  • 子供の日焼けはどれくらいで戻る?
  • 子供の日焼け後アフターケアで何を塗る?
  • 子供が日焼けする前の対策

についてまとめています。

 

 

子供の日焼けを早く戻す方法

子供が日焼けしたら早く戻してあげたいですよね。

子供の日焼けを早く戻すにはどうしたらいいのか、その方法を4つご紹介します。

 

十分に冷やす

子供が日焼けしたら、当日中に十分に冷やしましょう。

日焼けというのはやけどしている状態なので、やけど同様に肌の赤みやヒリヒリする感じがなくなるまで冷やします。

 

冷やす方法は色々ありますが、お肌への刺激が少ない方法を3つ。

  1. 流水で冷やす
  2. 濡らしたタオルを冷蔵庫で冷やしたものを当てる
  3. 保冷剤や氷水を入れた氷のうを当てる

 

保冷剤や氷のうを使う場合は、冷やし過ぎないよう親が注意して見ていてくださいね!

 

 

 

しっかり保湿する 

子供が日焼けしたら、冷やした後はしっかりと保湿しましょう。

 

日焼けしたお肌は乾燥しデリケートになっています。

そのまま放置することで、シミやしわになりやすいだけではなく、皮膚のバリア機能が低下するなど、色々な悪影響を及ぼす可能性も。

 

子供用や敏感肌用の低刺激な保湿アイテムでしっかりと保湿することをおすすめします。

 

 

 

しっかり食べる

子供の日焼け後のお肌のケアができたら、しっかりと食事も摂りましょう。

 

ビタミンCやEを摂るとメラニンを抑制し肌の新陳代謝を活発にすると言われているので、できるだけバランスのいい食事になるよう気をつけると良いですね!

 

しっかり寝る

子供の日焼けを早く戻すために、新陳代謝だけではなく成長ホルモンの分泌も重要です。

 

そのためにはしっかり寝ることも大切。

夏休みなどは夜更かししがちですが、早寝早起きで十分な睡眠時間を取れると良いですね!

 

子供の日焼けはどれくらいで戻る?

子供の日焼けは元気な証拠、とはいえどれくらいで戻るのか気になるところですよね。

 

調べてみたところ、通常の日焼け対策をしていた場合や軽い日焼けの場合は約1カ月で戻る場合が多いです。

 

というのも、肌のターンオーバーが28日周期で、古い角質がはがれて新しい角質が作られるからなんです。

 

子供は大人よりも新陳代謝が活発なので、この周期でターンオーバーが行われ白い肌に戻ります。

 

日焼けの状態によっては約1カ月では戻らない場合もありますが、ターンオーバーを繰り返すことで元に戻るそうです。

 

子供の日焼け後アフターケアで何を塗る?

子供が日焼け後のアフターケアでは、クールダウン用のスキンケア水や保湿用のジェルやローションなどがあります。

 

敏感肌でも使えるアヴェンヌウォーターは、子どもにも安心して使えます。

 

また、オーガニック化粧品のアロエジェルは保湿性があり肌に馴染みやすいのが特徴。

 

子供の日焼け後のアフターケアに塗るものは、

  • 子供用や敏感肌用
  • 保湿力が高い
  • 肌に馴染みやすい

という点をチェックしてみて下さいね!

 

子供の日焼けを防止する方法

子供が日焼けする前に紫外線が強い時期の外出時は紫外線対策をすることも重要です。

子供の日焼けを防止する方法を4つご紹介します。

 

日焼け止め

子供の日焼け対策で最も手軽なのは、日焼け止めを塗ることです。

ただし、子供用や敏感肌用といった刺激が少なめのものを選ぶよう気をつけましょう。

 

小さい頃から習慣づけていると、子供がくらいになると自分で日焼け止めを塗ってくれるようになるので親も楽になりますよ!

 

■ポスト投函■[イシュア]MEDIBABY(メディベビー) 薬用UV保湿クリーム 50g

 

 

UVカットの羽織や帽子

子供の日焼け防止には、UVカットの羽織を着たり帽子をかぶるのも手軽にできる対策です。

 

帽子は首の後ろまで隠れるものもありますし、つばの広いものを選ぶとお顔から首まで紫外線を浴びるのを防いでくれます。

 

羽織物は薄手のパーカーやカーディガンなどUVカットの物を選ぶと良いでしょう!

 

 

 

車の窓のUVカット

家の中もそうですが、車の中でも意外と日焼けしてしまいます。

 

車の窓は最近の車だとUVカットになっているものが多いようですが、なっていない場合は車用のUVカットフィルムというものがあるのでつけると良いかもしれません。

 

また、日よけのカーテンもあるので、使い勝手の良い方を選ぶといいですね。

 

 

 

外出時間の工夫

陽ざしが強くなってきたら、子どもの日焼け予防を考えて外出時間を工夫することも対策になります。

 

紫外線量が多いと言われている5月~9月の間は、紫外線の強さがピークになる午前11時から午後13時の時間帯を避けて子供と外出するのがおすすめです。

 

子供の日焼けを戻すまとめ

子供の日焼けを戻す方法についてまとめてきました。

 

子供が日焼けした時に早く戻す方法は4つ。

  1. 十分に冷やす
  2. しっかり保湿する
  3. しっかり食べる
  4. しっかり眠る

 

冷やす際はお肌を傷めないよう、保冷剤をタオルで巻いたり氷のうを使うと良いかもしれませんね!