お祝いごと

お宮参りは大安じゃなきゃダメ!?地域による行く時期の違いは?

お宮参り
お宮参り

 

 

赤ちゃんが生まれてすぐは慣れないことばかりで、お母さんの体調もまだ安定せずに大変な日々が続きますよね。

 

お宮参りは、赤ちゃんにとっては生まれてはじめて外へ出る機会になる場合が多いのではないでしょうか。

 

 

 

ではこのお宮参りは、いったいいつ行くものなのでしょうか?

 

 

お祝いごとの時によく言われる大安は関係があるのでしょうか?

 

 

 

ここでは、お宮参りに行く日や地域によるお参りの時期、大安が関係あるのか、お宮参りの意味をまとめました。

 

 

赤ちゃんが生まれてこれからお宮参りがあるという方はぜひ参考にしてみて下さいね!

 

 

 

 

 

お宮参りはいつ行くの?

いつ?

 

 

お宮参りは、生後一カ月の頃に行うのが目安で、一般的には男児で生後31日女児で生後33日とされており、赤ちゃんの性別によって違います。

 

しかし男児が生後30日、女児が生後31日などともいわれ、地域によっても違いがあります。

 

地域によっては夏場の暑さや冬場の寒さが厳しいところもあり、その場合も上記の日にこだわらずその時期を避け日取りを変えて行うこともよくあります。

 

いちばん早いところでは7日目遅いところでは100日目のところもあるようです。

この「生後○日」ですが、日数を数える際の数え方は、生まれた日を1日目として数えます。

 

 

 

最近では、あまり日数にこだわらず、赤ちゃんやお母さんの体調、周囲の人の予定などを考慮して決めればいいとされています。

 

 

 

 

 

地域別のお宮参りの時期

日本地図

 

北海道

 

雪深い北海道では、真冬の寒い時期は避けて暖かくなるまでずらすのが一般的です。

 

また、地域によっては生後一ヶ月のお宮参りをせずに百日のお参りやお祝いを一緒に済ませるところもあります。

 

 

 

東北

 

北海道同様に雪深い地域も多く、真冬の寒い時期は避けて暖かくなるまでずらすのが一般的です。

 

また、地域によっては生後一ヶ月のお宮参りをせずに百日のお参りやお祝いを一緒に済ませるところもあります。

 

青森の津軽地方では男児は生後120日女児は生後110日頃に参拝する、という神社のページもありました。

 

山形県の一部地域では生後51日目のお宮参りが伝統になっているところもありました。

 

 

 

関東

 

最近は生後1ヶ月頃というのが主流になっているようですが、一部の地域では生後100日でお参りをするところもあります。

 

 

 

東海

 

生後1ヶ月頃というのが主流です。

正式には男の子は生後31日目女の子は生後32日目だが、30日を過ぎてから良い日を選んでお参りするというところが多いです。

静岡県の一部では、生後51日に行うところもあります。

 

 

 

関西

 

生後1ヶ月頃がほとんどです。

京都では男児が生後30日女児が生後31日、とされている神社もいくつかありました。

 

 

 

中国

 

生後1ヶ月頃というのが主流です。

東海地方同様で、正式には男の子は生後31日目女の子は生後32日目だが、30日を過ぎてから良い日を選んでお参りするというところが多いです。

 

 

 

 

九州

 

生後1ヶ月頃が主流です。

東海・中国地方と同様で、正式には男の子は生後31日目女の子は生後32日目だが、30日を過ぎてから良い日を選んでお参りするというところが多いです。

 

 

 

沖縄

 

神社へのお宮参りという風習はあまりなく生後100日頃先祖のお参りをする地域もある

 

最近では生後1ヶ月の頃にお宮参りをする家庭も増えてきています。

 

 

 

 

お宮参りはいつまでに行くの?

いつまで?

 

 

前項で記載したように、夏や冬など地域によって違いはあるものの気候の厳しい時期は、赤ちゃんのことを考えると外に出るというのは避けてあげたいものです。

 

 

そうすると、一般的にお宮参りを行う時期が過ぎてしまう場合がありますが、お宮参りはこの日まで、という期間があるのでしょうか?

 

 

全国各地色々な神社のホームページを参考にしましたが、「お宮参りはいつまでに行わなければいけないという決まりはなくお日取りが良い日を選ばれるのが良いでしょう。」というところがほとんどでした。

 

 

 

概ねの日程の目安としては、生後1ヶ月から100日のお祝いの日くらいまでにお宮参りをされる方が多いようです。

 

 

時期をずらす場合の日程の目安としては、生後3ヶ月頃までが一般的です。
遅くとも6ヶ月頃までにお宮参りをするのが慣例です。)

 

また、生後3ヶ月頃までずらした場合は百日参りとしてお参りすることもあります。

 

 

 

生後1ヶ月頃では、お母さんの体はまだ産後に順応しきれていませんし、赤ちゃんの体調も安定しない時期ですので、お母さんや赤ちゃんの体調を重視して、気候の良い時期にお参りするのが良いですね!

 

 

 

ちなみにうちは北海道で、生後1か月は雪の時期でしたので、100日のお祝いと一緒にお宮参りをしましたよ。

 

 

 

 

 

神社にお参りに行く日は大安でなければいけない?

大安

 

 

お宮参りは、基本的には大安や仏滅などを気にする必要はありません

 

その地域に伝わる生後日数やお母さんと赤ちゃんの体調が良く、家族がそろうことのできる週末など、ご家族の都合に合わせて決めて良いです。

 

 

大安は何ごとにおいても吉とされ、特にお祝いごとに好まれる日なので、普段は六曜を気にしない人でも地域や家庭のしきたり、家族の意向で大安を選んで神社にお参りに行かれる方が多いようです。

 

自分は気にしていなくても、気にする人もいるので、大安や仏滅、といった六曜は日を決める際の参考にしましょう。

 

 

 

先勝(せんしょう、せんかち、さきかち)

 

万事急いだ方が良い日とされていることから、午前中は吉、午後は凶となります。
気にされる方は、午前中のお参りが良さそうですね。

 

 

先負(せんぶ、せんぷ、さきまけ、せんまけ)

 

何ごとも平静を保った方がいい日、とされています。

午前中は凶、午後は吉ともいわれていますので、午後のお参りだと良いです。

 

 

友引(ともびき、ゆういん)

 

「友を引く」という意味から、お祝いごとは良いけれど、弔事を嫌います。

朝夕は吉、正午は凶、ともいわれています。

 

 

赤口(しゃっこうじゃっこう、しゃっく、じゃっく、せきぐち)

 

凶とされる日です。

午の刻(午前11時~午後1時頃)のみ吉で、それ以外は凶とされています。

気温が極端に高い夏はこの時間は避けたいですね。

 

 

仏滅(ぶつめつ)

 

何をするにも凶とされる日です。

とくにお祝いごとには不向きとされているので、お日柄にこだわる人なら避けましょう。

 

 

 

お宮参りの着物やお祝いを贈る日も、相手が六曜を気にする場合にはこだわった方が良さそうですね。

 

 

 

 

お宮参りをする意味

お宮参りをする赤ちゃん

 

 

お宮参りは赤ちゃん誕生後初めて、氏神様をお参りする行事です。

 

 

赤ちゃんが無事に成長することを氏神様にお祈りし、また、お参りすることで氏子の一員としてもらうという目的もあります。

 

 

また、お母さんの安産のお礼参りも兼ねてお参りをする風習もあります。

 

別名「初宮参り」「初宮詣」とも呼ばれています。

 

 

 

氏神様とは、その土地を守り、その土地に生まれた者を守ってくれるといわれる神様で、「産土神(うぶすながみ)様「鎮守様」などと呼ばれることもあります。

 

 

氏子というのは、元々は同じ血縁関係にある一族が、その氏一族の先祖などを神様として祀ったのが「氏神」で、「氏子」はそのうち神様を祀っている人々(子孫)のことでした。

 

 

現在では土地を守る神様「産土神様」を「氏神」の区別はほとんどなくなり、血縁に関係なく、その氏神様の祀られている土地に住んでいる人や、そこにお参りする人々が「氏子」と呼ばれています。

 

 

最近では、遠くの有名な神社までお参りに行く人もいたり、新しく住宅地になったところには神社がないところも多いです。

 

本来の意味から考えても、生まれて間もない赤ちゃんのことを考えても、出来るだけ近い神社にお参りをするのが良いようですね。

 

 

 

 

まとめ

お宮参り

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

赤ちゃん誕生後初めて氏神様をお参りする行事であるお宮参りは、生後一カ月の頃に行うのが目安となります。

 

一般的には男児で生後31日、女児で生後33日とされており、赤ちゃんの性別によって違います。

 

また、地域によっても違うところがあり

 

・男児が生後30日、女児が生後31日

・生後51日

・男児は生後120日、女児は生後110日

 

など、いちばん早いところでは7日目遅いところでは100日目のところもありました。

 

北海道や東北などの雪深い地域では真冬の寒い時期は避けて暖かくなるまでずらすのが一般的であったり、生後一ヶ月のお宮参りをせずに百日のお参りやお祝いを一緒に済ませるところもありましたね。

 

 

 

お参りの日は、大安や仏滅などの六曜は基本的には気にする必要はありませんが、人によっては気にする場合もあるので、参考までに覚えておきましょう。

 

 

 

今までは家の中にいた赤ちゃんがいよいよ外に出る日となりますので、赤ちゃんやお母さんの体調を重視して日取りを決めてあげたいものですね!