子育て

鯉のぼりはいつから出すといいの!?毎年悩む出す時期しまう時期

鯉のぼり

 

春になり、桃の節句やお彼岸が終わる頃になると

お子さんがいる家庭では『鯉のぼりのことが気になってくるのではないでしょうか。

 

初めて男の子が生まれて節句を迎えるご家庭はもちろんのこと

男の子のいる家庭では毎年、

  • いつから出すといいのか
  • いつしまったらいいのか

と悩みませんか?

 

また、お子さんが大きくなってくると

鯉のぼり、何歳まで飾るんだろう?

という疑問も出てくるかもしれません。

 

ここでは、みなさんが気になる

  • 鯉のぼりの出す時期としまう時期
  • 何歳まで飾るのか
  • 鯉のぼりを飾る意味

をまとめていきたいと思います。

 

 

鯉のぼりを出す時期しまう時期

晴れた日にあがる鯉のぼり

 

端午の節句のお祝いの際に飾る鯉のぼりですが

いつからいつまで飾るという厳格な決まりはないようです。

 

地方によってもかなり違いがあるようですね。

 

出す時期は、

  • お彼岸が開けたらすぐ(春分の日以降)というところ
  • 五月に入ってからというところ

など様々あるんです。

 

しまう時期についても

  • 五月いっぱい飾っているところ
  • 五月五日でしまうところ

等、こちらも様々。

 

一般的には

四月中旬くらいから五月五日

または五月の連休明けまで

とされています。

 

飾る日柄は大安吉日などにこだわらずとも大丈夫ですが

縁起を担ぐのが好きな方は、4月中旬頃の大安の日

めがけて飾るのがベストでしょうか。

 

飾った時にお子さんが喜んでくれたら

長めに出してあげておきたいのが親心ですよね~!

 

ちなみに、しまう時期ですが

地域によっては梅雨入りが近くなって天気も不安定になるので

五月中旬までのできるだけ早い時期に片づけると良さそうですね。

 

乾燥して良く晴れた日中が片付けに最適です!

 

また、こいのぼりは屋外に飾るものなので、

  • 汚れは手洗いでしっかり落とす
  • 十分に乾かす

これを行ってから片付けましょう。

 

 

こいのぼりを飾る意味と飾り始めた時期

 

鯉のぼりは、

天の神様にわが家に男の子が生まれたよ~ということを知らせ

その子が健やかに成長し、出世することを願うものです。

 

 

江戸の町並み

端午の節句に鯉のぼりを飾るようになったのは

江戸時代の中期といわれています。

 

江戸時代、将軍家に男の子が生まれると、

「幟(のぼり)」をあげてお祝いをする風習がありました。

武家の幟

これが武家にも広がって、

武士たちは家紋を染めた幟(のぼり)をあげるようになりました。

 

それをやがて庶民がまねをするようになった

といわれています。

 

この幟(のぼり)に鯉が描かれたのは、

「鯉が滝を登り竜になって天をかける」という

中国の言い伝えの「登竜門伝説」にちなんで、

子供に立身出世して欲しいという願いを込めたためだそうです。

 

鯉
もともとは、清流だけでなく、

池でも沼でも生きられる生命力の強い魚です。

 

この中国の言い伝えから、鯉のぼりは

どのような環境でも立派に成長して立身出世するように願って

飾られるようになったともいわれているそうです。

 

 

鯉のぼりは何歳まで飾る?

疑問

お子さんが大きくなってくると、

「いつまで鯉のぼりを揚げたら良いのだろう?」

と考え始める方も多いかと思います。

 

これも、『何歳まで揚げる!』というきちんとした決まりは無いようです。

 

やはり、出す時期やしまう時期と同様に、

各地方や家庭の風習によって違いが有るとは思います。

 

鯉のぼりは子どもの健やかな成長と出世を願って飾るようになったもの。

 

つまりお子さんのために飾ってあげるものなので、

それぞれの家庭の状況に応じて決めると良いということでしょう。

 

お子さんが一番喜んでくれるのは小学校中学年位まででしょうか。

 

大きくなるにつれて徐々に鯉のぼりへの興味がうすれてきて、

10歳を過ぎる頃には子どもが照れくさくなって飾らなくなってきた

という意見があります。

 

他には『7歳まで飾る』という説がありますが、

これは日本の古くからの言葉「 七つまでは神のうち 」から来ているそうです。

 

昔は子供が7歳まで無事に育つ確率があまり高くなかったことから、

7歳までは神様のもので命運も神様に委ねられている

と考えられていたとのことです。

 

この説から

無事に7歳まで育ったら鯉のぼりの役目が終わる

という考え方ですね。。

 

もう一つは『15歳まで飾る』という説。

 

これは昔の日本の成人儀式、 元服が15歳だったことから来ています。

現在だと成人までというと20歳までになるのでしょうかね。

 

 

まとめ

鯉のぼりと親子

 

①鯉のぼりを出す時期
4月中旬頃のよく晴れた日がベスト!!

 

②鯉のぼりをしまう時期
端午の節句(五月五日)以降の、これまたカラカラによく晴れた日
  手洗いで汚れをキレイに落とすことも忘れずに!

 

③鯉のぼりは何歳まで飾るのか
決まりはありませんが...
鯉のぼりはお子さんの健やかな成長を願って飾るもの

なのでご家庭の状況に応じてきめる

 

お子さんが喜んでくれるうちはぜひ、飾ってあげましょう!

 

子どもの頃、うちには鯉のぼりがなかったので

ご近所でみるかイベントで何百とたくさん空を泳いている鯉のぼりをみて

「キレイだなあ」とか「うわぁ~、すご~い」と思っていたくらいでした。

 

調べてみると、鯉のぼりにも飾る意味がちゃんとあって

『子どもが健やかに成長してほしい、立派になってほしい』

という親の愛情がいっぱい込められているものなんだと分かり

また違った目線で鯉のぼりを見ることができそうです。

 

わが子にもそんな親の愛情を感じてもらえるようにお祝いしてあげたいと思いました!

 

SNSボタン