着圧アイテム

ベルミスは太ってる人は入らない?太った人の選び方や注意点を解説!

ベルミス 太ってる人

着圧力がスゴイと話題のベルミスですが、太ってる人は入らないという噂も…。

 

ベルミスを試してみたくても、太ってるから無理かもと不安に感じてしまいますよね。

 

この記事では、

  • ベルミスは太ってる人は買わない方がいい理由
  • ベルミスはどのくらい太った人が入らない?
  • 太っている人のベルミスの選び方
  • ベルミスの口コミ
  • ベルミスの注意点
  • ベルミスを安く買う方法

についてまとめています。

 

 

>>ベルミススリムレギンスを公式サイトで見てみる★

 

 

 

ベルミスは太ってる人は買わない方がいい理由

ベルミスは太ってる人は入らないと言われています。

そんなベルミスを太ってる人が買わない方が良い理由は3つ。

  1. 太ってる人はベルミスが入らないから
  2. 履こうとすると破れるかもしれないから
  3. 股上まで上がらないから

それぞれ解説していきます。

 

太ってる人は入らないから

ベルミスは太ってる人は入らないと話題になっています。

 

ベルミスはトップクラスに着圧がスゴイとSNSでも大人気になっていますが、その着圧力ゆえに伸縮性がないため、入らないという人が多数。

 

痩せたくてベルミスを買ったけど、ベルミスを履けるように痩せることが目的に変わってしまった、なんて意見もあるくらいでした。

 

太ってる人が履こうとすると破れるかも

ベルミスは伸縮性があまりないので、太ってる人が無理に履こうとして頑張って引き上げると破れる可能性があります。

 

最終的に破れることなく履けたという人でも、履き終えるまでに10分もかかるんです。

 

それだけの着圧力と考えるとすごさを感じますが、朝の忙しい時間には大変ですね。

 

股上まで上がらない可能性

ベルミスは太ってる人が履いた場合、股上まで上がらず合わない可能性もあります。

 

伸縮性があまりないのでその部分を引っぱるのも大変だし、無理にあげようとすると破れるかも…と思うと思い切って引っ張ることもできないという声も。

 

履くのが大変で嫌になるという声がある一方で、履いてしまうと着圧が気持ちいいという方も多くいます。

 

 

ベルミスはどのくらい太った人が入らない?

ベルミスは太ってる人は入らないと言われていますが、どのくらい太った人だと入らないのでしょう。

口コミからまとめていきます。

 

50㎏台

150cm・53kgの前回はMサイズを買いましたが太ももがかなり太いので履くのにかなり手こずり寝る時に履くには苦しいし、股は破けるし着圧は満足していたので次はサイズを変えて購入しました。最初から自分の体形にはこちらのサイズだったみたいです。痩せたらMサイズに戻る予定で頑張って履きます。クーポンでお得に買えて良かったです。

 

買って正解です。
着圧具合が違います。足を綺麗に見せてくれます。お腹をすっぽり覆ってくれる長さが、とにかく素晴らしいしっかり着圧してくれるけど、苦しくなりません。
157センチ、53キロ。
足は短めですが、Lを買って正解でした。

 

60kg台

160センチ、62キロ、L-LLサイズを購入しました。履く時、かなりきついですが少しずつ手繰り寄せることで履くことが出来ます。以前、160センチ、69キロで買いましたが、股のところがすぐに破けてしまいました。(サイズの規定より太かったからですが…)今回は少し痩せたので、大丈夫そうです。大事に履きたいと思います!

 

ずっと気になっていて、やっと購入してみました。
Lサイズを購入。164センチ62キロです。
想像以上に締め付け強いです。
そのため着用に時間がかかるし、コツが要ります。
すごい手繰り寄せて、まずはふくらはぎ辺りまで履いてから上げないと股上があわないです。
トイレに行ってから直すのもちょっと手を抜くと股上が下がって気になります。
色々手がかかりますが、しっかり股上があっている状態だと機能を十二分に感じます。

 

70kg・80kg台

70kg台、80kg台の方でベルミスを購入したという口コミを見つけることができませんでした。

 

口コミに体重を記載していない方も多いので中にはいるのかもしれませんが、このくらいの体重の方は入らないと考えて購入されていないのかもしれませんね。

 

 

太っている人のベルミスの選び方

 

太っている人がベルミスを履く際の選び方をご紹介します。

 

サイズはL~LLまたはLLサイズを選ぶ

ベルミスには5種類の商品があります。

  1. ベルミススリムレギンス
  2. ベルミススリムタイツ
  3. ベルミススリムレギンスcolor+(カラープラス)
  4. ベルミススリムウォーマーHart+(ヒートプラス)
  5. ベルミスパジャマレギンスsleep+(スリーププラス)

 

【ベルミススリムレギンス】

 M-LサイズL-LLサイズ
身長145-160155-170
ヒップ87-10092-105
太もも43-5347-57
ふくらはぎ30-3834-42
足首19-2321-25

 

【ベルミススリムタイツ】

 M-LL-LL
ウエスト64-7769-85
ヒップ87-10092-105

 

【ベルミススリムレギンスcolor+(カラープラス)】

 SMLLL
身長145-160150-165155-170160-175
ヒップ82-9087-9592-10097-105

 

【ベルミススリムウォーマーHart+(ヒートプラス)】

 ML
身長150-160160-170
ヒップ85-10590-110
太もも43-5345-57
ふくらはぎ30-3834-42
足首19-2321-25

 

【ベルミスパジャマレギンスsleep+(スリーププラス)】

 SMLLL
身長145-155150-160155-165160-170
ヒップ82-9087-9592-10097-105

 

それぞれサイズ展開が違うので、最も大きいサイズであるLかL~LLまたはLLサイズを選ぶと良いでしょう。

 

レギンスよりはタイツ

ベルミスはレギンスよりもタイツの方が伸縮性があり履きやすいです。

 

なので、レギンスとタイツどちらでもいいという場合はタイツを選んだ方が履きやすいです。

 

セットを選ぶ

ベルミスのレギンスやタイツは、セットで購入した場合1つしか開封していなければサイズ交換が可能です。

 

なので、サイズに迷って小さい方を選ぶ場合はキツイと感じた場合に大きいサイズに交換してもらうことができるので、セットでで購入することをおすすめします。

 

サイズ交換についてもまとめているので、合わせて参考にしてみてくださいね★

>>ベルミスはサイズ違いで購入できる?サイズ感や選び方と交換方法!

 

 

明らかにサイズオーバーの場合は買わない

ベルミスのレギンスやタイツは、公式サイトにサイズの目安が書いてあります。

明らかに自分のサイズがサイズ表からオーバーしている場合は、買わないことをおすすめします。

 

せっかく買ったのに履けないと悲しいので、サイズはしっかりと確認してから購入しましょう。

 

ベルミスの注意点

ベルミスを購入する際は、サイズ選びは慎重にしましょう。

 

体重別の口コミを紹介しましたが、体重だけではなく身長体重のバランスや体型によってサイズは変わってきます。

 

たくさんの口コミを見ている中で感じたのは、ベルミスを買う際は普段のサイズよりも1~2サイズ大きめを選んでいる人が多いということ。

 

かなり着圧力が高く伸縮性があまりないベルミスなので、小さいサイズを選んでしまうと履くのが本当に大変なので、勢いで買わずじっくり検討しましょう。

 

 

ベルミスの最安値はどこ?

ベルミスの値段は、公式サイト、楽天、Amazonともに大きな違いはありません。

 

違いがあるとすれば、楽天・Amazonはポイントがつくという点。

 

 

 

ただ、サイズ交換をする場合には公式サイトからの購入の方がスムーズなようです。

 

ベルミスは太ってる人は入らないまとめ

ベルミスは太ってる人は入らないについてまとめてきました。

 

ベルミスはその着圧力でSNS等でも人気になっていますが、その分伸縮性があまりなく、

  • 太っている人は入らない
  • 無理に履こうとすると破れる
  • 股上が合わない

 

といった状況になることもあります。

 

自分の体型とサイズを照らし合わせてじっくり検討してからの購入をおすすめします!

 

 

>>ベルミス公式サイトでサイズをチェックする★