ドラマ

「エール 」乃木大将(村野鉄男)のモデルは作詞家!野村俊夫の経歴は?

乃木大将 エール モデル

NHKので幼少期から主人公・裕一の友人として登場する乃木大将こと村野鉄男。

 

乃木大将のモデル作詞家の野村俊夫さんなんです。

野村俊夫さんとはいったいどのような方なのでしょうか。

 

ここでは、

  • 乃木大将(村野鉄男)のモデル
  • 野村俊夫さんの経歴
  • 野村俊夫さんの家族(妻・子供)

についてまとめました。

 

NHKの朝ドラは、U-NEXTで視聴することができます。

初回登録なら31日間無料体験ができるんです。

 

⇒今すぐU-NEXTで無料体験をチェック!

 

 

「エール 」乃木大将(村野鉄男)のモデルは作詞家!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

 

エール」の乃木大将といえば、裕一の幼馴染で、村一番のガキ大将だった村野鉄男です。

村野鉄男のモデルは、古関裕而とともに活躍した作詞家・野村俊夫さんなんです。

 

「エール」でも古関裕一の生涯の盟友になっていくのですが、実際にもそのような関係だったんですね!

 

野村俊夫の経歴は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

 

乃木大将こと村野鉄男のモデルである野村俊夫さんについてご紹介しますね。

 

野村俊夫さん・プロフィール

名前:野村俊夫(のむら としお)

本名:鈴木喜八

生年月日:1904年11月21日

出身地:福島県福島市大町

活動:作詞家、詩人

 

野村俊夫さんは古関裕而さんと近所に住んでいて、幼少期からよく遊んだ仲だったそうです。

 

1924年、野村さんが20歳の時に福島民友新聞社に入社。

編集部・報道部・文芸欄を担当し、1931年に退社。

 

この後上京するのですが、先にコロムビア専属作曲家として東京で活動を始めていた古関裕而の勧めだったのです。

上京した年にさっそく古関裕而と組み「福島行進曲」という曲で初レコードが発売されました。

 

野村俊夫さんは、フリーの作詞家として活動を開始されるんですね。

 

1939年には、藤山一郎コロムビア復帰第1作目であった「上海夜曲」がヒットし、野村さんはコロムビア専属の作詞家となります。

 

そして1951年頃から日本音楽著作権協会の理事を務めました。

 

 

野村俊夫さんが作詞した主な作品の中で古関裕而さんと組んだ作品を以下にまとめます。

  • 1931年「福島行進曲」
  • 1940年「暁に祈る」
  • 1948年「若き日のエレジー」
  • 1950年「薔薇と蜜蜂」
  • 1952年「夜船の灯り」
  • 1953年「岬の灯り」
  • 1956年「メコンの舟歌」
  • 1960年「スカイラインの歌(補作)」
  • 1964年「故郷はいつも瞼に」

 

このほかにも数々の有名曲の作詞をしていた野村俊夫さん、200曲以上もの楽曲を手掛けたんです。

野村さんは、たいへんな酒豪としても知られていたようですね!

 

⇒今すぐU-NEXTで「エール」を無料で視聴する!

 

 

野村俊夫さんの家族(妻・子供)

野村俊夫さんは、福島市大町の魚屋「魚忠」を営む家に、父・鈴木忠八さん母・鈴木アキさんの元に生まれています。

「エール」では長男で後継ぎとなっていましたが、実際は三男だったそうです。

 

野村俊夫さんには妻と子供がいました。

についての詳しい情報は分かりませんでしたが、あまり外へ出かけたがらなかった方だそうですね。

 

子供は、長女、次女、長男(鈴木克東さん)の3人がいます。

 

長男の克東さんが語る・野村俊夫さんはこんな人!

  • 家庭では、子どもたちを大事にしてくれるお父さん
  • 小さなころから福島や栃木県那須市の温泉に連れて行ってくれて楽しく過ごした
  • 姉2人がいる長男だったためか、大事にされていてあまり怒られた記憶はない
  • 仕事をするのはほとんど夜
  • 昼はよくパチンコをやりながら、突然詩を書き出す
  • お酒は強かった
  • タバコも吸っていた
  • 外で知人を呼んでお酒を飲み交友していた
  • 福島市の信夫山からしこ名を取った信夫山という力士が好き
  • 野球は巨人が大好き
  • 家庭では仕事の話はあまりしなかった

 

長男の克東さんのエピソードからは、とってもいいお父さんだったことが分かりますね!

 

まとめ

NHKの朝ドラ「エール」で幼少期から主人公・裕一の友人として登場する乃木大将こと村野鉄男のモデル作詞家の野村俊夫さんです。

 

野村俊夫さんは、「エール」の主人公のモデルである古関裕而さんとは幼馴染で、たくさんの楽曲を発表しています。

 

家では子供たちを大切にするとってもいいお父さんだったことが分かりました!

 

こんなエピソードを知っていると、「エール」をますます楽しむことができそうですよね!

 

NHKの朝ドラは、U-NEXTで視聴することができます。

初回登録なら31日間無料体験ができるんです。

⇒今すぐU-NEXTで無料体験をチェック!

 

 

SNSボタン