ドラマ

「エール」木枯正人の実在モデルは作曲家!古賀政男の経歴は?

木枯正人 役 誰 実在 モデル

NHKので主人公・裕一が勤めることになるコロンブスレコードの作曲家として登場する木枯正人

 

野田洋次郎さんが演じる木枯正人の実在モデルは作曲家の古賀政男さんです。

 

ここでは、

  • 木枯正人の実在モデルは作曲家
  • 木枯正人のモデル古賀政男の経歴
  • 木枯正人役の野田洋次郎さんも作曲家

についてまとめました。

 

NHKの朝ドラは、U-NEXTで視聴することができます。

初回登録なら31日間無料体験ができるんです。

 

⇒今すぐU-NEXTで無料体験をチェック!

 

 

木枯正人の実在モデルは作曲家

木枯正人の実在モデルは作曲家の古賀政男さんです。

 

プロフィール

  • 本名:古賀 正夫(こが まさお)
  • 生年月日:1904年11月18日
  • 出身地:福岡県三潴郡田口村(現:大川市)

 

主人公・裕一のモデルである古関裕而さんと同じ福島県の出身の著名な作曲家なんです。

次に、古賀政男さんの経歴をご紹介します。

 

木枯正人のモデル古賀政男の経歴

日本を代表する作曲家として知られている古賀政男さんの経歴をご紹介します。

古賀政男さんの経歴

  • 1904年:出生
  • 1910年:父・喜太郎永眠
  • 1912年:母親、兄弟たちと仁川に住む長兄・福太郎の元に身を寄せる。この頃、従兄弟から大正琴をもらう。
  • 1917年:京城善隣商業学校に入学。大阪在住の四兄・久次郎からマンドリンを贈られる。音楽家への道を志す
  • 1923年:明治大学予科に入学。マンドリン倶楽部の創設に参加。
  • 1926年:明治大学商学部進学
  • 1929年:明治大学商学部卒業
  • 1930年:ビクターから「文のかおり」「影を慕いて」などが発売
  • 1931年:コロムビアレコードと専属契約を結び、プロの作曲家となる。「酒は涙か溜息か」が大ヒット。
  • 1934年:テイチクレコードに入社。文芸部を結成
  • 1936年:ビクターから藤山一郎を迎えて、「東京ラプソディ」を発売し大ヒット。
  • 1938年:音楽親善使節としてアメリカへ。ハワイ、アメリカ、アルゼンチンを訪問
  • 1939年:NBC放送から「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」など5曲が世界に向けて15分間にわたって放送。再びコロムビアレコードの専属作曲家に。
  • 1948年:「湯の町エレジー」が大ヒット
  • 1959年:日本作曲家協会を設立し、初代会長となる。日本レコード大賞を制定し、運営委員長に。
  • 1965年:「柔」で日本レコード大賞・大賞を受賞
  • 1966年:美空ひばり歌唱による「悲しい酒」が大ヒット
  • 1974年:平和への願いを込めた『広島平和音楽祭』を開催
  • 1978年:永眠。没後、音楽家として初めて国民栄誉賞を贈られる。

 

古賀政男さんは、幼少期に父を亡くし8歳から18歳まで韓国で過ごされています。

親戚や兄弟から楽器を贈られ、音楽に触れる機会が多かったようですね!

 

18歳で日本に戻り明治大学に入学し、マンドリンクラブを創設したことが作曲家としての活動のスタートに大きく影響されています。

 

また、幼少時代を過ごした韓国での経験が音楽に生かされているんだそう。

 

そんな古賀政男さんは、プロの作曲家してデビューすると数々のヒットを飛ばしました。

主な作品は以下にまとめます。

 

主な作品

  • 「影を慕いて」
  • 「酒は涙か溜息か」
  • 「丘を越えて」
  • 「サーカスの唄」
  • 「東京ラプソディ」
  • 「人生の並木路」
  • 「人生劇場」
  • 「誰か故郷を想わざる」
  • 「湯の町エレジー」
  • 「無法松の一生」
  • 「柔」
  • 「悲しい酒」

 

この世代の方なら誰もが知っている名曲ばかりですよね!

1978年に急性心不全で73歳で亡くなられた際には国民栄誉賞を受賞されています。

さらに、母校である明治大学からは名誉博士号が贈られています。

 

物凄い方だったんですね!

 

木枯正人役の野田洋次郎さんも作曲家

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

野田 洋次郎 Yojiro Noda(@yoji_noda)がシェアした投稿

 

木枯正人役を演じる野田洋次郎さんは、ロックバンドRADWIMPSのボーカル、ギターを担当していて、バンドのほとんどの曲を作詞・作曲されているんです。

役でも作曲家ですが、実際も作曲をされているんですね!

 

プロフィール

  • 本名:野田 洋次郎(のだ ようじろう)
  • 生年月日:1985年7月5日
  • 出身地:東京都
  • 身長:180 cm
  • 血液型:A型
  • 事務所:有限会社ボクチン(voque ting)

 

野田洋次郎さんのご両親は、父親がサラリーマン、母親がピアノ講師をされていたそうです。

ご兄弟はお兄さんがいます。

 

東京都で生まれ、幼少期は春光幼稚園に通われていました。

小学校入学前にアメリカのテネシー州ナッシュビルに引越し、Scales Elementary Schoolに通われました。

 

その2年後、家族がカリフォルニア州ロサンゼルスに引っ越したため、Soleado Elementary Schoolに転校。

さらにその3か月後には自宅近くのSilver Spur Elementary Schoolに転校とアメリカでは転校続きだったようですね。

 

10歳の時に帰国し、

  • 世田谷区立桜丘小学校
  • 桐蔭学園中学校
  • 桐蔭学園高等学校
  • 慶應義塾大学環境情報学部

という学歴です。

 

高校時代に現在のバンドRADWIMPSが結成されました。

バンドではボーカルとギターを担当され、ほぼすべての楽曲の作詞・作曲をされています。

 

2012年からはソロでもillionとして活動されていて、2013年にイギリスで初ライブを開催。

日本では2016年に「FUJI ROCK FESTIVAL’16」に出演されています。

 

バンドや作曲家としての活動だけではありません。

野田洋次郎さんは2015年に映画『トイレのピエタ』で俳優デビュー。

 

初出演にして初主演、さらには

  • 第39回日本アカデミー賞・新人賞
  • 第70回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞

と2つの賞まで受賞されています。

 

スゴイですよね!

 

主なドラマ出演歴

  • 2015年:映画『トイレのピエタ』で主演
  • 2017年:テレビドラマ『100万円の女たち』でドラマ初出演、主演

 

「エール」ではどんな作曲家を演じられるのか、楽しみです!

 

まとめ

NHKの朝ドラ「エール」で主人公・裕一が勤めることになるコロンブスレコードの作曲家として登場する木枯正人

野田洋次郎さんが演じる木枯正人の実在モデルは作曲家の古賀政男さんでした。

 

古賀政男さんは日本を代表するめちゃくちゃ有名な作曲家。

そして、演じる野田洋次郎さんもご自身のバンドで作曲をされていましたね。

 

「エール」での作曲家・木枯正人を野田さんが演じられるのが、楽しみです!

 

NHKの朝ドラは、U-NEXTで視聴することができます。

初回登録なら31日間無料体験ができるんです。

⇒今すぐU-NEXTで無料体験をチェック!

 

 

SNSボタン